投稿

海外旅行 オーストラリアとニュージーランドの出入国の実体験 ~パンデミック後初めて国外へ~

イメージ
  2022年6月11日から22日までの約12日間、僕が住んでいるオーストラリアから、ニュージーランドへ行ってきた。 オーストラリア国内で生活していると、 コロナって何? という状況で、国民は結構みんなリラックスしている。しかし世界ではまだまだ終わってないのか、オーストラリアを出国の際には、Covid-19の陰性証明が必要だったりと色々あった。 しかしお陰様で、こうして無事に行って帰って来れたので、その時の様子をレポートしておきたいと思う。 PCRテストの有無や、各国の水際対策の状況については、政府が発表している公式な情報を手に入れて、ご自分でしっかりと判断したうえで行動してもらいたい。 今回のブログはあくまでも、個人の主観的な意見であり、サーフィン系ユーチューバー よういちチャンネルSpirit Kooks の ニュージーランドロードトリップ での体験記の一部であることをしっかりと伝えておく。 さらに付け加えておくと、 よういちチャンネルSpirit Kooks と ぼちぼちチャンネルよういち との連動となるので、そちらも合わせてお楽しみいただければ幸いである。 Index 1 オーストラリア出国、RATは$72 2 ニュージーランド航空の搭乗手続きで求められたNZTD 3 オーストラリアへの入国はPCRなど必要なし 4 日本への帰国はPCR$170と時間のかかる書類確認 5 まとめ 今回の旅の目的はニュージーランド北島のサーフトリップ。 旅やサーフィンの動画もアップするので楽しみにしててね 僕はオーストラリアから一人でニュージーランドへ向かい、現地在住の友人と日本からやってきた友人と合流し、男3人でのロードトリップだった。 オーストラリア出国、ニュージーランド入国に関して、必要な手続きや書類をそろえること自体は難しくはなかったが、それらの正しい情報を探し当てるのに苦労した感があった。 1 オーストラリア出国、RATは$72 まずはRATテスト COVID-19の陰性証明が無いとニュージーランド航空に乗せてもらえないということで、搭乗の24時間前にRATを受けた。PCRという選択肢もあったのだが、金額が高いということと、証明が出るまで最長で24時間かかるということで、出発まで1日を切った僕はRATを選んだ。 フライトは翌朝の午前8時半だったので、ブリスベン空港

Youtuberよういちが乗って来たサーフボードの記録

イメージ
Slater design, JS, DHD サーフボードコレクション 自分で買ったもの、長期的に借りてたもの、メーカーのテストライドボードなど、インプレを書けるほど真剣に乗ってきたボードを書き残しているページです。 記録と残してるので、過去のボードたちはもうすでに人に譲って、手元に無いのがほとんどだけど。 色んなサーフボードに乗って、サーフィンの世界にどっぷり浸かりたいですね。 ホーム  バーレーヘッズ、マーメイドビーチ 身長  170cm 体重  66kg(2018年まで)現在69.5kg(2020年) スタンス  ナチュラル DHD DX-1 5'10"×18'3/8×2'3/16 Glassing Team 4×4 Extra Toe patch FCS  Dacy 6'0 Nick Maz  5'5"× 18'7/8"×2'5/18 FCS  375mm 295mm Firewire Slater design OMNI 5' 3"×18'5/8"×2'1/4" Round tail24.9L Firewire Tomo surfboard EVO 5′ 1″×18'1/2″×2'1/4″ 24.5L Rocket Ace Surfboard Bumtail-Catfish 5'5"× 20'1/2 ×2'5/8 Quad fin  390mm 300mm Byrning Spears   6'8"×18'3/4"×2'1/2"     DHD D2 Rocker  6'2×18'5/8×2'5/16  360mm 230mm JS M