【2023年版サーフボードレビュー】SJSカスタムのThe Rock and Roller 「パドルの安定感とテイクオフの速さ」

 SJSカスタム The Rock and Roller




               


1年間乗り続けて分ったThe Rock and Rollerの事



よういちチャンネルでおなじみのThe Rock and Rollerというモデルについてのレビュー記事です。

正直につらつらと書いていきます。

「SJSって聞いたこと無いんだけど、ぶっちゃけどうなの?」

「YouTubeでちょこちょこ見かけるThe Rock and Rollerって調子いいの?」といった疑問にお答える形になるので、少しでも参考になれば幸いである。

ちなみによういちチャンネルを観たことがない人、もしくはThe Rock and Rollerで出した動画ってどんなんだっけ?って人は、こちらの動画を別ブラウザで開き、それを観ながら読み進めるといいよって適当なことも言っておく。







 The Rock and Rollerとは?


This is the top end of my designs when it comes to performance twin fins (optional trailer also).
A step away from traditional designs, this one look like it's from the future. All of the feature in this design is function over form.
Loose and fast is my first design philosophy, then I add elements that will give the design control.
The Rock n Roller is high performance, high speed, to be ridden the same size as your short board.
You'll also get a super comfortable and stable feel under the chest whilst paddling and getting to your feet for such a small board.


The Rock and RollerはSJSのトップモデル である。

基本的にはパフォーマンスツインで、オプションとしてTrailerフィン(スタビ)も可能だ。

The Rock and Rollerはトラディショナルなデザインから一歩離れて、時代を先取りしたものを取り入れている。

SJSのボードデザインにおけるフィロソフィは、「ルース感とスピード」それらを補う要素を全て取り入れバランスよく仕上げている。

The Rock and Rollerはスピード感とハイパフォーマンス感が満載で、あなたが普段乗っているボードと同じサイズで乗ってもらいたい。

もう一つお伝えすべき点がある。それはショートボードとは思えないほどの安定感で超快適なパドリングができるという点だ。




ビーチブレイク



僕自身、ここゴールドコーストの波でサーフィンしているのだが、ビーチブレイクならマーメイドビーチ、マイアミビーチ、カランビンビーチ、ディーバーなどで入っている。

The Rock and Rollに乗ってからというもの、僕が楽しんでいる波のサイズはヒザモモからオーバーヘッド。

それほどパンチ―な波ではないので、やはりよく走ってくれるボードが心地よく感じる。

テイクオフが安定的で、たまに掘れた波に突っ込むときも、驚くほど早く立ち上がることができたりして、「スキルが上がった気がする~!」と勘違いする時もある(笑)

ボードのデッキ面に胸の形にフィットするコンケーヴが入っているので、パドルパワーアップ、安定感抜群なのがその勘違いを生み出すきっかけになってるのかも。




ポイントブレイク



スナッパーロックス、レインボーベイ、グリーンマウント、キラ、カランビンアーリー、バーレーヘッズなど、ワールドベストなポイントブレイクが揃っているゴールドコースト

ロングライドで言えば600mも乗れる波があるし、ダブルバレルもある。

6ftのキラウォールやスナッパーロックスのビハインドで炸裂するダブルアップなど、サーフィン人生を賭けて挑戦したい波がたくさんある。

僕はこの1年間でそれらの波全てに乗ってきた。

全てをメイクしたわけじゃなく、自分が今持っているスキルを全部出し切ってチャージできた。

ボードのスペックに、物足りなささを感じることは一切なかった

サイクロンスウェルが入ったある日。キラポイントが「Exprience surfer only」となり、強靭なローカルサーファーを中心にトッププロ、ビッグネームたちが大集合してた同じ時に僕は、The Rock and Roll5'8でパドルアウトしていた。

僕はボードを選ぶ基準で、「パンプしてるキラの波でテイクオフできないボード、走らないボードは良いボードじゃない」と思っている。

The Rock and Rollはテイクオフが早い。

50m先まで切り立ち、轟音を立ててブレイクする超高速キラウォールで走り抜けることができた。

次こそはディープバレルにプルインしてやる!

死にそうなワイプアウトを何度も繰り返したそのあとで、僕は自分自身に誓いを立てたのだ。


The Rock and Rollの特徴一覧

ミディアムエントリーロッカー

ミディアムテールロッカー

スクープコンケーヴの中にシングルダブルコンケーヴ(これを綺麗に仕上げれるシェーパー、サンダー、ラミネーターってどのくらいいるの?)

ダイアモンドテール

べベールレイル

ウィング

ツインフィン+スタビ




ネガティブな面

僕が乗っているボードに関して、正直なBadレビューを残しておく。

このボードはハンドシェープなので、また次に同じボードが欲しいと思っても、絶対に同じボードは仕上がってこない。

なので壊したらお終いである。

(ハンドシェープの仕上がり安定感の高くない部分についてもブログ書きたいな)

ボード本体の重さが2800gもある。

このサイズのパフォーマンスショートなら、もう少し軽い方が取り回しが楽になるので、試合に出るためのハイパフォーマンスボードとして考えるなら、オーダーする時に2500g以下で仕上げてくれと伝える必要がある。

SJSって聞いたことある?たぶんよういちチャンネルの視聴者さんしか知らないでしょ?日本でも数人しか乗ってないからね。

その知名度の低さがゆえに手に入れるのも容易ではない。

そして誰も知らないサーフボードメーカーなので、「SJSじゃん!いいなぁかっこいい~!」などと称賛されることはない。

つまりモノを選ぶ基準が、ブランドの知名度によるって人には全然向いていない






まとめ

いかがだったでしょうか?

オーストラリアはゴールドコーストでビルドされている、SJSカスタムのThe Rock and Rollerについてのレビュー記事。

ぜひ皆さんがご購入される際の参考になれば幸いである。

知名度の低さをBadレビューとして残したのだが、2024年にはもう少し多くの人たちの目に触れる機会が増えていくことになっているので、広く知られて流行る前に手に入れたい人は今がチャンスよと、ちょっとだけ宣伝文句も残して今回のブログはここで終わらせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




コメント

このブログの人気の投稿

せっかくゴールドコーストに住んでるんで、タトゥーを入れてみた。

これまでで最高に良かったサーフボードはDHD

【DHDサーフボード】これこそが究極の小波用ハイパフォーマンスボード。DHDの3DXはズバリ、「楽して波乗りを楽しめるボード」