【書籍レビュー】なぜ、スターバックスの創業者はビジネスマンではなく多読の作家だったのか?

 

  1. 書籍の内容と著者と勧めたい人
  2. 宇多田ヒカルが朗読からインスピレーションを受けていた
  3. 紙の本よりKindle本じゃダメなの?
  4. まとめ






ゴールドコーストからこんにちは、よういち(@yoichi_spiritkooks)です。
今回は僕が読んだ本の紹介をさせていただきます。


皆さん本は読みますか?
サーフィンや仕事に忙しくて、読む暇など無いですか?
Youtubeを観ている方が、本を読むよりも学ぶこと多いですか?僕は両方好きですね(笑)
でも特に本を読むほうが好きだったりします。

現在海外暮らしの僕にとって、皆さんと同じように日本の本を手に入れることは、そんなに簡単ではないんですよね。

これまで20年間のオーストラリア生活で、日本のKindle本をダウンロードできるKindleを手に入れたのは15年くらい前。

それからはずっと愛用しているマイKindle。

今回はAmazon unlimitedのサブスク内で無料で読める本を探していたら、こちらの本に出会った。

そういえば数日前にSNSで見かけてて、ちょっと気になっていたタイトル。
もちろんサブスクを大いに使うために、すかさずダウンロード。
スターバックスのなんたらとタイトルにあったので、よくある読みやすいビジネス書だと思い読み進めてみたらなんと!

その答えはまとめに書いていきます(笑)




15年使ってるマイKindle





1.書籍の内容と著者と勧めたい人


著者は夏目力さん。チカラと読むらしい。
1985年、静岡県浜松市生まれ。高校卒業後はアメリカ留学で現地の大学を卒業されている。2014年にマーケティング会社、リーディング&カンパニー株式会社を創業。ってここまで読んでピンと来た人は、SNSかなんかで見たことがあるぞって感じじゃないかな。
僕もなんとなくそんな感覚だった。そしてまぁ僕よりも5つもお若い方なのねと。

本の内容は、「読書ってなんか意味あったっけ?」というアホみたいな疑問を持っちゃう僕のような奴が読んだ方が良い内容(笑)

「本って読んだら面白いよ。頭も良くなるし」くらいしか言えない語彙力と、想像力を広げてくれる内容となっている。

この本を誰に勧めようかなって考えてみたら、以下の通りになった。

1.日本語が読めて理解でき、そこそこ読書力のある人
2.3時間以内で読破できる本を探している人
3.読書のモチベーションを上げたい人

ってな感じになったんだけど、自分の周りにこれに当てはまるやつはいるかなぁ(笑)
まぁこれを読んでる人で「あ、私だ」って人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?







2.宇多田ヒカルが朗読からインスピレーションを受けていた


 著書より引用
音楽制作に行き詰まると本棚から文学の本を取り出し、感情を込めながら朗読する姿は、まさに読書を通じて、自分の内面や感情を再認識し、客観的に自分自身を見つめ直す瞑想だと言えます。


本書の中で一番感動したのがここ、「宇多田ヒカルも朗読するんだなぁ」って。僕自身もたまにだけど朗読をやったりしている。ほら一応サーフィン系ユーチューバーよういちとしての顔もあるから、「しゃべりがどうもうまくいかないなぁ」って日は朗読したりしている。

本はインスピレーションの素材となり、読み込むことによって自分の魂となって、それが外へ向かって出ていくときに、人を魅了する言葉や表現になりうるもんなんだと思わされた。



3.紙の本よりKindle本じゃダメなの?

どちらが良くてダメというものではない。

Kindle本が世に出てきてから、約 15年が経った。

いつかは無くなると言われてきたが、今でも本屋には紙の本が並び、自分の周りも紙の本を読んでいる人の方が多い。

本書でも取り上げられているが、Kindleのようなデジタル本は速読向けで、紙の本は熟読向けと示されている。

実は僕自身もこれは異議なし!といったところで、こうしてKindle本で読書を続けているのは、海外暮らしがゆえに日本の本を手に入れにくいから、という理由があるだけだ。

紙の本がすぐに手に入るなら今すぐにでも欲しいし、昔からの夢であった書斎に天井まで届く本棚に好きな本をびっしりと並べて、優雅に暮らしたいと思っている。



4.まとめ

この本は3時間くらいで読み終わったのだが、読み進めるうちに「同じようなことがずっと書かれているがいったいどんな結末が待っているのだろう?」という思いが頭から離れなかった。

結果的には、「本を読むことの大切さを説明する」という内容だった。

全体的に著者の意見よりも、引用してきた内容が多かったかな。

多読家な人にとっては、どこかで見聞きしたことばかりと思うだろう。

多読家を名乗れるほどではない僕でも、「知ってる内容が多くて読みやすかった」ってのが率直な感想かな。

もしよかったらあなたも読んでみてね。



今日も最後までサーフィンブログSpirit Kooksを読んでくれてありがとう

コメント

このブログの人気の投稿

【加齢による体力の衰え】サーフィントレーニングに興味を持ち始めました。

【石垣島 サーフィン】ビジターサーファー必見記事!!! サーフガイドが必要な3つの理由

【DHDサーフボード】これこそが究極の小波用ハイパフォーマンスボード。DHDの3DXはズバリ、「楽して波乗りを楽しめるボード」