【ゴールドコーストでサーフィン】初心者にお勧めのサーフポイントやサーフボードなど

 





このブログは、サーフィン系ユーチューバーのよういちが書いています。

動画を観て下さってるみなさん、いつも本当にありがとうございます。

              よういちチャンネルSpirit Kooks



さて、今回の記事は、これからサーフィンを始めたい人に向けて、「早速今日からやってみよう」というテーマで書いていきます。

オーストラリア在住20年目、サーフィン歴も20年目である私よういちはなんと!オーストラリア国籍保持者でもあります。

オーストラリアという国にどっぷりと浸かり人生を賭けた経験をもとに、皆さんのサーフィンライフを始めるきっかけを作っていきたいと思います。

それではよろしくお願いします。



カテゴリ

1.ゴールドコーストのベストサーフスポット

2.時期別のウェットスーツの選び方と、初心者向けのサーフボード

3.波情報サイトとその日のベストタイミング




1.ゴールドコーストのベストサーフスポット




これからサーフィンを始めようと思います。

ビギナーサーファーなんですが、どこでサーフィンすればいいでしょうか?

サーフィン大国オーストラリア、そしてゴールドコースト。

男女問わず小さな子供からお年寄りまで、みんながサーフィンを楽しむことができる街です。

ここは42㎞以上続く海岸線に沿って街が作られており、ゴールドコーストのビーチならどこででもサーフィンが出来るという、サーファーにとって最高の街。

どこのビーチでもサーフィンできるのだが、場所によってはエキスパートオンリーなところもあって、初心者にとっては分からないことも多いだろう。

そして分からなければ、不安な気持ちが大きくなり、リスクも伴う。

ということで僕がおすすめの、初心者向けの優しい波があるサーフスポットへご案内しましょう。


 



1.カランビンアーリー

サーファーズパラダイスから、およそ10㎞離れたところにあるサーフポイント。

ゴールドコースト空港からは、約15分の距離にある。

大きくて静かに流れるカランビン川の入り江にあるサーフポイントで、ロングボーダーに人気のポイントブレイクだ。

このポイントの特徴は、沖では中級者からエキスパート向けの大きくてショルダーの張ったロングウォールの波が立ち、インサイド側は遠浅のようになっていてサイズの小さい優しい波がブレイクしている。

小さい波だが100メートル位ロングライド出来る、いわゆるファンウェーブなのでテンション上がること間違いなし。

カランビンアーリーではいくつかのサーフスクールがオープンしているので興味のある方は調べてみてください。

波が良い日は僕自身も波乗りを楽しんでいるので、ぜひ海で見かけたらぜひ声をかけてくださいね。






レインボーベイ





クーランガッタエリアの、世界的に有名なサーフポイント。

サーフィンのチャンピオンシップツアーが行われる場所としても知られている。

ゴールドコースト空港からは車で約15分ほど。

空から見ると湾のようになっているのが良く分かる地形になっていて、沖では大きな波がブレイクし、岸の手前では小さな子供も楽しく遊べるほどの優しい波がブレイクする。

スナッパーロックス、レインボーベイ、グリーンマウントではサーフィンのワールドチャンピオンも毎日サーフィンするほど波のクォリティが高い。

スーパーバンクと呼ばれるマシンブレイクが出現すると、世界中からやってくるサーファーたちでたちまち大混雑となるサーフポイントだ。

多くのサーファーたちでひしめき合うような波が良い日は、エキスパートたちの華麗なる技さばきを見ているだけでも楽しい時間を過ごせるはずだ。

僕自身も波が良い日は夜明け前からパドルアウトして、混雑前にロングライドを数本楽しむスタイルでやっている。もしよかったらぜひ一緒にパドルアウトしてシェアウェーブを楽しみましょう。



2.時期別のウェットスーツの選び方と、初心者向けのサーフボード


ゴールドコーストは年間を通して、比較的過ごしやすい気候だ。

日本で生まれ育った僕からすれば、真冬の気候もそれほど厳しいものでは無い。

時期によっては水温や気温が急激に下がってすごく寒かったり、真夏の強烈な日差しを受けて肌へのダメージを受けたりすることがあるので、時期に合った正しいウェットスーツを着ることを強くお勧めします。







夏 12月から4月中旬

水温は25℃まで上がり、まさに南国の心地よさを味わえる時期。

地元サーファーたちは、ボードショーツやビキニだけを身にまとってサーフィンしている、ビジュアル的にも最高の季節だ。

しかし時には冷たい風が吹き込んだり、早朝の気温低下に身体が冷えたりすることもあり、僕自身はスプリングかタッパーの着用でサーフィンしています。


5月から7月

雨が降るたびに少しずつ冬に向かっていく時期なので、急に冷え込む日もある。

水温よりも気温の方が先に低下していくので、海に浸かっていれば寒くないけど、風を受けると身体が冷えるという微妙な時期。

こんな時にちょうどいいのが、ロングスリーヴスプリング。

長袖なので、冷たい風から上半身を守ってくれます。


8月から10月

日本と季節が正反対なので、ゴールドコーストの真冬はこの時期にやってくる。

水温は19℃くらいまで下がり、最低気温も10℃を下回る日もある。なのでしっかりとしたフルスーツ、いわゆる3ミリ、2ミリのジャーフルの着用をお勧めしています。


11月から12月

夏の陽気を感じさせる日が増えてくるこの時期。しかし水温はまだまだ低いままなので、フルスーツが暑いなと感じるなら半袖のシーガルの着用をお勧めしています。






初心者向けのサーフボード



サーフィン始めたての人にお勧めするボードはずばり、ソフトボード

近年人気急上昇中で、昔に比べれば選択肢が増え、ボードの品質もかなり向上しているので色んなメーカーを調べてみるといいだろう。

初心者サーファーは、まずは波に押されてボードに立ち上がるところから覚えて欲しい。

自分の身長よりも、ずっと長いソフトボードを選ぶことをお勧めしています。





波情報サイトとその日のベストタイミング

サーフィンの魅力はなんといっても、自然相手のアクティビティ。

同じ波は二度とやってこないところだ。

だからいい波の日に海へ入って、いい波に乗ることに大きな喜びと快感を得られるんだ。

波が良い日もあれば、そうじゃない日もある。

サーフィンはうねりの強さや風向き、潮回りの影響を大きく受けて波が発生する。

だからサーフィンしたい日に波が無いなんて時もよくあるんだ。

「サーフィンに行こうと思ってるんだけど、今はどんなコンディションなんだろう?」って時に便利なのが、波情報サイトだ。

LIVEカメラで海の様子を見ることができるので、「行ってみたけど波が無くてサーフィン出来なかった」ってがっかりするなんてことを、避けることができる。


サーフアプリ

ゴールドコーストのサーファーたちに人気のサーフィンアプリがいくつかあるので、初心者でも分かり易いものを紹介しておく。


1.Surfline

https://www.surfline.com/

2.  Swellnet

https://www.surfline.com/




サーフショップ

せっかくなんで現地在住の日本人サーファーからも情報を得たいという人は、サーファーズパラダイスにあるレトリックサーフ、オーサムサーフそしてバーレーヘッズのグルーヴサーフに行ってみよう。

サーフィンの事だけでなく、観光やワーホリ、学生生活のヒントももらえるかも。


1.レトリックサーフ

https://rhetoricstore.com/

2.オーサムサーフ

https://awsmsurf.net/

3.グルーヴサーフ

http://groove-surf.com/


地元サーファーのインスタグラム

https://www.instagram.com/tappateece/

ローカルオージーのインスタグラムも紹介しておこう。

タッパさん、バーレーボードライダースのメンバーで、サーフィンコメンテーターでもある。

毎朝太陽が昇り始めるころに、インスタグラムにて波情報の配信、その日の波予想も立ててくれるのでとても便利。

彼の英語はとっても濃いオージーイングリッシュなので、サーファー英語の聞き取りの勉強にもなる、是非チェックしてみよう。



まとめ

いかがだったでしょうか?

ゴールドコーストはサーフィンの街であり、いたるところにサーフスポットがある。

これからサーフィンを始めたい初心者の方たち向けに、基本情報を現地在住の僕が書いてみました。ぜひ参考にしてみてください。

そして土地勘が無い人は、くれぐれも一人で海に入らないように。

現地在住のベテランと一緒に入ったり、サーフガイド、サーフスクールに申し込んで安全に楽しんでくださいね。



動画も観てね↓↓↓

【よういちチャンネルSpirit Kooksでは毎週2,3本の動画配信をやっています】

今回の記事で紹介したカランビンアーリーや、レインボーベイでのサーフィンの動画を紹介しています、ぜひともチェックしてみてください。


それでは最後になりましたがWelcome to Gold Coast、ぜひ楽しんでいってくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。





コメント

このブログの人気の投稿

【加齢による体力の衰え】サーフィントレーニングに興味を持ち始めました。

【DHDサーフボード】これこそが究極の小波用ハイパフォーマンスボード。DHDの3DXはズバリ、「楽して波乗りを楽しめるボード」

【ファーストインプレ】FCS2 H4を使ってみた結果