汗と熱気でムンムンムン!ゴールドコーストナンバーワンのボクシングジム ~マトリックス~




 

ずーっと頑張って続けていることは必ず成果が現れるね。とゆうのはぼくのトレーニングのことなんだけど、ボクシングジムでのトレーニングを始めてから1年6ヶ月が経った。

週に2日ほど通う事になってから酒も一切止めたんだけど、そうなると今度は体の調子がティーンの頃のように元気はつらつしてきてサーフィンの調子もガッツリ上がって来たのだ。

たまに仕事でジムに行けないときもあるんだけど、継続は力なりやね。

なので今日はジムでの様子を書いていきたいと思う。





ゴールドコーストのボクシングジム


ボクシングジムへは週2日行っている。

夕方の4:30から5:30までの1時間、マトリックスジムは汗と熱気でムンムンとしているのだ。

メインのコーチはスティーブンとクリスとネイサンの3人。

スティーブンはヘッドコーチで元クイーンズランドチャンピオン、それにNo Excuse promotionsのオーガナイザーもやってる強者です。

クリスは今年の8月からマトリックスジムに来た新しいコーチだ。

最近WBOのタイトルを取ったRohan Murdockのコーチとして知られてて、ローアンも8月からここのジムに来ている。ネイサンは普通のオジサンで、すごく優しいオーラが出てるボクサータイプではない感じの人。

みんなそれぞれモチベーションが高いコーチ達で、いつも鬼のようにしごいてくれるのだ(笑)



 
 
 
 

年齢不問のボクシングジム




たったの1時間しかトレーニングをしていないんだが、それでも毎回「もうあかん、死んでまうわ」って思わされるほどフラフラになってしまうのだ。

具体的にどうゆうトレーニングをしているのかとゆうと、ウォーミングアップ→パンチの打ち方を繰り返し練習→サンドバッグ打ち→1キロダッシュ→タッチスパーリング→シャドーボクシングなどなど。

その日によって変わるメニューは、これら全てコーチのしっかりとした指導の上で基礎からちゃんと教えてもらえるのだ。

今説明しているクラスはNovice class(ノーヴィスクラス)というファイターを目指す人が入ってくるクラス。なんだけど、ぼくのようなエクササイズ目当ての人のほうが、割合的には多いようだ。

3分1ラウンドで行われるボクシングと同じように、ベルが鳴り終わるまでの3分間は休むことなく激しく運動するので、嫌でも体が引き締まり、体力がどんどんついていくのが自分でも分かるのだ。

そしてその日クラスに来た生徒全員で一緒にトレーニングするので、モチベーションの高さが半端じゃなく、また下はキッズから上は40歳を越えたお父さんまでいて年齢不問の環境が人気の一つでもあるみたいやね。




 
 
 

WBA World Super middleweight王者



ぼくが行ってるノーヴィスクラスのすぐあとはファイターのクラスがあるので、終わり間際にはいつも彼らが意気揚々とジムに入ってくるのを見ている。

プロからアマチュアまでたくさんの選手がいるんだけど、中でもぼくが注目してるのはローアンマードック選手。

スーパーミドル級、22歳、全17戦中16勝13KO1負けとゆう高記録の持ち主。

先日行われたジュピターズでの試合は、6ラウンド目で相手が棄権したため勝利。

そしてWBA World Super middleweight titleの王者を破る事となったのは、地元ゴールドコーストでは大変嬉しいニュースとなって人々を喜ばせていたのだ。

他にもJames Katzとゆうクィーンズランドのライト級王者や、元クリケット選手でイングランド代表を世界一に導いたキャプテンAdam Hollioakeも在籍しており、本格派ファイターからタレントまでそろってるジムなのだ。





日本人ファイターも


ヘッドコーチのスティーブンは、ボクシングの基本テクニックを繰り返し指導してくれるのだ。

最初はただの殴り合いと思ってたボクシングも、コーチが一つ一つの動作を紐解いてしっかりと理論的に教えてくれるので、ファイターを目指している人たちや、ぼくのようにエクササイズ目的で来てるけど正しいボクシングを学びたい人たちにはちょうどいいジムなのだ。

そして彼がオーガナイズしているNo Excuseとゆうボクシングイベントは、年に3回ほど行われ、タイトルマッチからノーヴィスクラスの生徒たちも出場できる試合まである、大変盛り上がるイベントで地元ボクシングファンからは大人気なのだ。

過去にも在籍していた日本人選手Haruki Nomaも、プロファイターとして勝利を手に入れていたね。



もう一人紹介しておきたいのがChris Carden(クリスカーデン)。彼は2014年の8月からMatrix gymにRohan Murdockと一緒にやってきた。

他にも彼の元でトレーニングしている選手たちがたくさんやってきたのだ。

ちっちゃいおじさんなんだけどもっとアドバンス的な指導の上に、運動量が少ないハードなトレーニングをしてくれるのだ。

ローアンマードックのコーチでもある彼の周りには、ファイターを目指すティーンが男女問わず指導を求めていつもたくさんいるのだ。

ぼくも彼が来てからのトレーニングのお陰で下半身が強化され、上半身の動きとリンクしやすくなったのを感じている。

それはボクシングだけではなく、サーフィンにも影響してきているので、とても嬉しく思っているのだ。





トレーニングを休む勇気




トレーニングが好きなぼくにはすごくいい環境なんだけど、最近暖かくなってきてやはり体も温まりやすくなってるからその分動きやすくなってきていて、繰り返し行うトレーニングによって調子もどんどん上がってくるから、もっともっとってなるのだ。

そうなると自分で気づかぬうちに疲労がたまってきていて、そのうち痛みや、ひどい時には怪我につながったりもするかもしれない。

そうゆうのが分かっててもせっかく上がり始めたいい調子に、ブレーキをかけるようなことをするのって難しくないですか?

けどここが物事を長く続けるコツなんだとぼくは考えている。

だから今日は思い切ってサーフィンもボクシングトレーニングも休んで、マッサージにでも行ってこようと思っているのだ。

それでは今日はMatrix boxing gymでのトレーニングについてでした。



キーワードで検索