2014 World Junior Championships~ブロードビーチで出会った日本代表~



日本の国旗を見たときに嬉しくなる事ってありますか?

ぼくはなんだかリスペクト的な気持ちになりますし、見かけると正直嬉しいです。

ただぼくも、日本に住んでるときは何とも思ってませんでした。

愛国心ってなんか重い感じがするし、「なに?日の丸って右翼っぽいね(笑)」なんて人から言われかねませんから。

オーストラリアでは普通にみんな国旗を庭に掲げてたり、学校や、スポーツ競技場でも必ず目にします。

今日、たまたま通りかかった所で日本の「日の丸」を見かけました。

「あっ!日の丸が掲げられてる」って嬉しくなって近寄ってみると、他の色んな国の国旗も同じように掲げられてました。





そこにはオーストラリアも含めて全部で13カ国もの国旗が悠々とゴールとコーストの潮風になびいてました。

そこはBowls clubといってローカルのおじぃちゃん、おばぁちゃんが芝生の上でボールを転がして遊んでるところでした。

各町ごとに一つはこの施設があるのは知ってたのですが実際は話も聞いた事ないし、入った事もないので謎でした。

しかもそんなところで、ぼくらの国旗が掲げられてるなんてこれは聞いたほうがいいなと思ったので思い切って中に入って聞いてみました。

そこにはなんと神戸から来た青年が、日の丸を片手に持ち「日本代表」として世界を相手に戦いに来ていたのです。












そもそも、よくその辺で見かけるBowls clubってゆうのはクラブハウスが併設されていてLawn bowls(ローンボウルズ)とゆう競技を行うところのようです。

「あーオーストラリアでリタイヤした後、俺も始めるつもりだよ」

って言ってた日本人の友人がいますが、これは老人のボケ防止の遊びではなくてれっきとした国際大会が行われるほどポピュラーなスポーツなのです。

日本での競技人口はまだそんなに多くはないようですが、オーストラリア、ニュージーランド、イングランドをはじめとするクィーンズカントリーでは大変人気のあるスポーツです。



発祥はスコットランドのようですね。

クラブハウスに入ってスタッフの女性に尋ねたらちょうど今、World Junior Championshipsが開催されていて日本代表もそこにいるからとゆうことで紹介して頂きました。

ラウンジに入っていくといろんな国から来てると思われる若者たちがそれぞれのユニホームを着てくつろいだりしてる中に日本人の青年がいました。

彼が日本代表のTomoyuki Tamachiとゆう方で、傍に一緒にいてた日本人のおじさんとおばさんから「ともくん」と呼ばれていることが分かりました。

突然の訪問に加え、「これって何の競技ですか??」なんてゆう質問から入ったぼくらにも礼儀正しく丁寧に対応してくれたともくんは、背の高い今時の青年で、幼さが残るかわいい笑顔が印象的でした。










そばにいた日本人夫妻(たぶんです。。)はTweed heads(ツイードヘッズ)在住で、このボウルズをもう何年もやってるそうです。

おじさんのほうのケンさんは過去に日本代表として出場した世界大会で、銅メダルをとったとゆう輝かしい過去をもつ方とゆうことでした。

お二人ともすごくこのスポーツが好きなのが話していてすごく伝わってきました。

少しシャイで口数の少なかった日本代表のともくんの代わりに、二人が交互にマシンガントークで(だからともくんのしゃべる隙が無かったのか。。)

ボウルズの魅力や、今回のこの大会の事についてすごく沢山おしえてくれました。

日本人にはあまり知れてないこのスポーツに、興味を持ち初めのぼくらの登場が嬉しかったんでしょうね、大変興奮気味でしたし何度も「一度やってみたら?いつも私たちはツイードでやってるからいつでも遊びに来て」

「あ、そこに今たってる方はこの世界のレジェンドですごく優しい人だから今度来た時に聞けば丁寧にレッスンしてくれるよ」

とか言ってくれたりして、人のお世話好きそうな様子も伺えました。

なんだか久しぶりにいい人たちに恵まれました。

外国で出会った同郷の人間に温かくしてくれる方たちに出会えて心がポカポカしました。









今現在これを書いてるのが火曜日です。

大会は月曜日から始まってて、ファイナルが次の日曜日に行われます。

13カ国ある出場国はセクション1と2に分かれてて、日本はセクション1に入っています。

もらって来たこのイベントブックによると、明日水曜日の朝9時半からニュージーランドと対戦です。

クラブハウスでコーヒーを飲みながら観戦&応援をしに行ってこようと思います。

今日の朝までは全く知らなかったスポーツなのに、同じ日本人が日の丸を背負って外国で戦うなんてかっこいいじゃないですか。

でこうなったら知り合い総動員して応援しに行こう!とゆうくらいの勢いです(笑)ですがまだ詳しいルールのほうが分かっておりません(汗)大雑把にいうと決められた持ち玉を転がして的になってる玉にどれだけ近づけれるかを競うスポーツとゆうことは分かってます。

要は、芝生の上でやるカーリングのようなもんですね。

ご心配なく、明日はしっかりと応援しながら詳しいルールとボウルズの魅力や楽しみ方を徹底的に調べてまいります。

きっとこのぼくのまっすぐな姿勢をあのケンさん夫妻に見せればしっかりと教えてくれるはず。

それでは明日を楽しみに。




サーフィン ブログランキングへ