週50時間働いたその後、ライフバランスが崩れてる事に気付いた。







オーストラリアってみんなのんびりしていて、あまり働かないよ~。ってのが普通だから週50時間も働くとライフバランスがおかしくなってくるのだ。でもそれが最近のぼくのライフスタイル。



まず体調がおかしくなってくる。疲れが慢性的になりイライラする時間が増える。

そして脳みそ。もともとぼくの頭はいい方ではないのだが、(どちらかとゆうと悪い部類に入る)休養しないで働き続けていると、モヤモヤしたものが頭の中に詰まり込んで何も考えられなくなる。ブログを書く気力も低下してしまうのだ。



何か月も前から、仕事を休みたいなってずっと思ってたのだがタイミングを見失い、なかなかまとまった休みを取ることができずに、他のスタッフがホリデーに行ってる間のカバーをしなきゃいけなかったりで、それがまたハードでもっと疲れてしまっていた。


それぞれに与えられる有給休暇は1年間で20日間。これは週に約40時間働いた場合の日数。ぼくの場合は週に約50時間働いているので、有給休暇の時間数(日数)も20日間以上になるとゆうことになる。

そして今の手持ちは180時間。4週間半もある。それだけまとまった休みを取ってないってことになるのだ。そりゃあ疲れも溜まってくるよね。

これだけ働くとライフバランスは崩れる。サーフィンやボクシングに行く時間は全然なく、キッズ達と遊ぶ暇もない。そして家に帰ってきてはビールやワインをたらふく飲んで、コテン!と眠っちゃうのだ。

キッズ達にも冷たくあしらい、「パパは疲れてるんだからあっちに行っててよ」なんてゆうひどい言葉を浴びせる始末。

職場ではボスやワークメイトたちとニコニコ機嫌よくやってるくせに、家では笑えない父親なんて全く笑えないよね。

たくさん働いてお金をたくさん稼げば必ず幸せになれるとゆう話は聞いた事あったのだが、ぼくには不向きかな。

ライフバランスがしっかりと取れる働き方をみつけないと、この先は長くはないだろうなってゆうのが今回学んだ事である。

そしてお金が必要だと思うなら、働く時間を増やすのではなくて効率よく稼げる方法を見つけた方がいいかもしれない。

ライフバランス。ぼくにとって大切なのは家族とサーフィン。まずはそれらを精いっぱい楽しめる毎日を送って、その上で仕事の事を考えればいいかな。

一週間に50時間も働くとゆうのは、サーフィンも行けないし、家族と過ごす時間も少ないのでやはりライフバランスが崩れるとゆうことである。

そろそろ休養が必要になってきた。






0 件のコメント :

コメントを投稿