海に入らないサーファーは、ネガティブになるとゆうのは本当だった






ゴールドコーストで暮らすんだったら、オージーのように気ままにのんびりと毎日サーフィンしてるはずだったのに、ここ最近は仕事ばかりしていて全然海に入れてない不健康な生活を送っているのだ。



サンライズを見ながら出勤し、サンセットに涙しながら帰宅するとゆう生活をかれこれ1か月以上続けている。

そろそろサングラスを捨ててやろうかと思ってるくらいだ(笑)

こんな弱気なことを言っていると、「たった10時間や12時間働いたくらいでなんだよ。俺なんて1日16時間以上働いてるけどな」とか言ってくる人もいて、なんて言い返したらいいのかわからず悶々としているのだが、自分的にはライフバランスが崩れてしまって辛いのだ。

サーフィンに家族、そして仕事。これらのバランスを上手く保ってやらなきゃいけないのに、仕事に時間を費やしすぎて頭がちょっとおかしくなってきた。

ボスに話して仕事の時間を減らせてもらえばいいのだが、働けば働くほど給料がもらえる制度のせいで、ついつい働きすぎてしまうのだ。

普通に働いてれば普通に生活できるしサーフィンも行ける。そしてちゃんと家でものんびりできるのだが、それよりも仕事を取るなんて、完全にお金に心を持っていかれてるんだろうねこれは。

所詮時給なんだから、自分の時間を犠牲にするほど割に合う金額でもないのに、自分はなんて欲深いんだって思う。

それなのに一日の終わりには、「働きすぎてしんどいよー」とか言ってる自分はなんてアホなんだろうって思う(笑)。

あまり使ってない有給もしっかり溜まってついに5週間!ここまでくると使うのが惜しくなってきてる本音がありつつも、今すぐにでもホリデーに行きたい気分で毎日過ごしている。

これがワークホリックってやつなのかな、それとも目先の小銭に心を奪われているただのアホなのか。

とにかくワークバランスが崩れると家の中でクランキーになるときがあって、キッズや奥さんに迷惑をかけちゃってるし、ボクシングにも行ってないからジム代は寄付しちゃってる状態だし、サーフボードはいつでも乾いた状態でワックスもカチカチ。

サーフィンライフを謳歌してるように見せかけといて、実際は仕事が忙しくて海に行けてないただのおっさんなのだ。

何が言いたいのかとゆうと、サーファーがろくに海にも入らないで仕事ばかりしているとこんな暗い気持ちになるんだってことを聞いてもらいたいだけなのだ。

まぁ近いうちにこの現状は打破するつもりなんだけどね。

0 件のコメント :

コメントを投稿