波乗りホリデー日記inゴールドコースト 1日目


It's time off





今日から2週間の休みに入った。ホリデーといっちゃえば優雅な気分になるのだが、旅行に行く予定を立てている訳ではないので今回の場合は「Time off」と呼ぶことにしている。

一時的に仕事から離れて、心身ともにリフレッシュさせなきゃいけない期間なのだ。

自分のライフバランスをきちんと保つためにはサーフィンに行くのが一番。とゆう訳で早速、サンライズサーフィンをしに行ってきた。




期待してたよりも波は小さくてNobby's surf club前は残念ながらノーサーフ。しかしうねりは小さいながらも入って来てるのが見えるので、D-bahに行こうかと考えた。これだけスモールコンディションでもあそこなら遊べる波は入って来るはず。

でも風がオフショアだったので向こうに行くとオンショアになるから、反対方向のSpitへ向かうことにした。前日から若干北風が吹いたりしてたはずなので、間違った判断ではないはず。

ゴールドコーストでは「南風が吹いたら南へ下り、北風が吹いたら北へ上がれ」と言われてるように、風を上手くかわしている場所を選んでサーフィンしなきゃいけないのだ。




実はスピットの波はあまり好きじゃないのだ。パワーが小さいし波の割れ方も早かったりして自分には合ってない。日本の波に似てるから、日本人サーファーからは人気があるよって誰かが言ってたけど、確かに日本人サーファーは常にたくさん入っている。

さて波の方はやっぱり期待してたほどじゃなくて、ちょっと乗れる程度の波。

せっかくなんで30分ほどサーフィンして、最後にグーフィーを気持ちよくロングライドして終了した。

ホリデーは始まったばかりだし、いきなりガツガツして疲れちゃってもアレだしね。


そして今日は長女がキンディーの日だったので、ぼくが連れていってあげた。いつもは奥さんが行くのでリオは嫌がるかなって思ったらそうでもなかった。向こうに行ったらバックヤードに行って一緒に遊んであげるのがいつものパターン。





他の子を見てると男の子は男のらしくアグレッシブな遊びを、女の子はおままごとでしっとりと遊んでいた。うちの子はとゆうと、ボールで遊んで三輪車に乗って、花壇にお花を見に行ってってな感じで、たったの10分で遊びをコロコロ変えて忙しそうだった。

それを奥さんに話すと「あなたと同じよ」と言われたが、ぼくはそんなに忙しい男なのか?自分ではのんびり屋と思ってたのだが。。。


 

そう言えばお昼にロビタンへ行ったのだ。さすがスクールホリデー中なので人でごった返していた。そこでなんとミックファニングに遭遇したのだ。周りにいた人も気づいて話しかけたりしていたから、ぼくも声かけてセルフィーしようと思ったところで、抱っこしていた次女のマリが騒ぎ始めるとゆう事態が発生した。ベビーカーも押していて奥さんはすでに一人でどこかに行ってしまった後だったからわちゃわちゃしてしまい、その間にミックは足早に人混みへ消えていった。

それでもなんとかセルフィーを撮ってみたのだがどうでしょうか?




夕方、リオをキンディーまで迎えに行った後、いつも通りにビーチに寄って波チャック。夕方の海と空は特別な色をしているから、娘も大好きなのだ。

Nobby'sのあの場所。今朝は波が無かったところ。この時は波がキレイに割れてて、サーファーが5,6人アウトにいて順番に波乗りしていた。

こんなことってあるのか?一日中波が無かったはずなのにここへ来ていきなり波が現れるなんて。

これだからサーファーって波の事ばかり考えてないといけないのだ。いつどうやってコンディションが変化して、波が割れて来るのか実際にはいつも海を見てないと見逃してしまうのだ。

ぼくは急いで帰ってボードを取りに行こうかと思ったんだけど、サンセットまであと15分ぐらいだったし、ビールも買いに行かなきゃいけなかったから、泣く泣く諦めた。




そう、ビールと言えばぼくが世界で一番うまいと思っている28を買ったのだ。普通のビールと値段を比べると20ドル以上差があるので贅沢ビールなのだが、せっかく頑張って働いてきたのだからこの2週間はビールくらい贅沢してもいいよね。

まぁせわしない様子で、でも基本はのんびりとゴールドコーストで過ごすホリデー(Time off)を楽しみたいと思う。

0 件のコメント :

コメントを投稿