【サーフィンレポ】ゴールドコースト、マイアミビーチで小さなファンウェーブ。今年211本目の波はシングルフィンで乗ってみた。





小波に恵まれている1月のサーフィン



なんとか続いている、ぼくの毎日サーフィン記録。

1月19日のノーサーフデーと25日のSUPデー以外は、ずっと毎日波に乗ることができている。






サーフィンをする時は必ず使っている、Apple watch。

サーファー用アプリDawn patrolで、ライディングの軌道やスピードなどが全て記録されているので、最近はこれを見ながら過ごすのが、波に乗るモチベーション維持となっている。

この記録をチェックしてみると、今年に入ってから今日29日までで27デイズのサーフィンをして、乗った波の数が合計で211本となった。





こうやってサーフィンアプリで記録を残し始めたのは、去年の9月から。

今取ってる記録を参考記録として、来年からはこれを元に自分のサーフィンを比べていきたいと思っている。

波に乗った数なんてのは感覚で覚えておけばそれでいいんだけど、こうして数字が上がってくると客観的に見ることができるし、そしてそんなにたくさんの波に乗ってるわけでもないってことがよく分かる。

サーフィンの上達には時間がかかるといわれている理由がよく分かるね。






さて今年は小波に恵まれているゴールドコースト。

コンスタントに毎日サーフィンできているのは、トロピカルサイクロンが発生してないのと、日中に強いオンショアが吹いてないからだと、ぼくは思っている。

もしかしたらこれも異常気象の一つなんだろうけど、誰もそんなことを言わないんだよね、だって過ごしやすい暑いサマーデイズばっかりだから。













今朝のサーフィンはマイアミビーチでやってきた。


コシハラの風波だったので、シングルフィンでゆったりと波に乗ってきた。

9日前からずっと毎日シングルフィンに乗ってるんだけど、やっぱりフィンが一つってめちゃくちゃいいよ。

波に乗ってて楽しい。

ボトムターンからトップでボードを返したあとの加速が、たまらなく気持ちいいんだよね。

この際だから思い切って書きにくいことも書いちゃうけど、センターフィンが付いてないツインやフィッシュボードよりも、シングルフィンの方が断然いいと思っている。

本当の意味でサーフィンのことを知って楽しんでいきたいなら、シングルフィンに乗るべきだと断言してもいい。

フィッシュボードがなかなか好きになれないんだよね、なんでか知らないけど。






まぁそんなわけで、2019年に入ってからは小波がずっと続いているゴールドコースト。

週間予報では31日の最後まで波はあるし、その頃にはサイズアップもしてくるみたい。

サイクロンスウェルではなさそうなので、ゆっくりリラックスしながら続けていこうかな。




明日もいい波乗れますように。



















サーフィンライフを送ることについて、他にも色々書いてるのでよかったらチェックしてみてください。


【毎日欠かさずサーフィン】1ヵ月以上波乗りし続けて失った意外なモノ。
https://www.spirit-kooks.com/2019/01/surfing-everyday-morethan-onemonth-then-what-did-i-lost.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014


サーファーのライフスタイルを引き算しながら続けていく。
https://www.spirit-kooks.com/2019/01/surfer-lifestyle-keep-going.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014


【ゴールドコーストで迎える新年】2019年の抱負はサーフィンライフを送ること。
https://www.spirit-kooks.com/2019/01/2019.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014










【プロサーファーも愛用中】


いくらウェットスーツの性能が優れていても、水温の低いところでのサーフィンは身体が冷えてしまいがちだ。一度冷えると自然に温まることがない上に、身体が硬くなってケガもしやすくなってしまう。そうならないためには何としてでも身体は温めておいたほうがいい。

とゆうことで有名プロサーファーたちも愛用中のアイテムを紹介します。

ヒアルロン酸配合のホットジェル。

これさえあれば真冬のサーフィンも暖かく楽しめるとゆう優れものだ。









【アマゾン好きな読者さんたちが買ったものリスト No.1】



こだわりの部屋着といえばこれなんだね。グンゼの「Relaxy」はパジャマっぽくないアウター感覚のデザインとスタイリッシュなスタイル。飽きの来ないシンプルなカラーとデザインで、長く使えるグッドアイテム。







0 件のコメント :

コメントを投稿