キーワードで検索

【ゴールドコーストでサーフィンを!】お正月3が日の心がけで、今年はもっとサーフィンが楽しくなる









2019年、あけましておめでとうございます。


今年もゴールドコーストからのサーフィンの話題を、どんどん振りまいていきます。どうぞよろしくお願いします。

日本とは季節が正反対のゴールドコーストは真夏の正月を迎えており、これからが夏本番。

そしてトロピカルサイクロンとゆう台風と同じものが発生する時期でもあり、それらの影響で波がどんどんサイズアップしてきてサーフィンにとってもハイシーズンがスタートするのだ。

さてそんなサーフシーズンがスタートするにあたって、この3が日で心がけたいことがいくつかある。

昔から1年の計は元旦にありって言われてるので、この3が日を有意義に過ごして、この後に続く2019年のサーフィンライフをもっと楽しいものにしていこうではないか。









1、サーフィンだけを優先する


今年から生まれ変わりました! なんて39歳を目前にして言うことでもないのだが、今年はさらなるサーフィンライフの充実を目指して、もっとサーフィンに集中しようとおもっている。

サーフィン以外のことはどうなっても構わないとゆう心構えだ(笑)

ちなみに職場にはぼくが「サーファー」であることはとっくの昔に伝えているし、仕事よりもサーフィンに重きを置いていることは、上司も承知済みだ。

サーフィンを優先するには、他のことはどうするべきなのか?

中途半端な生き方にならないためにも、その辺のことはしっかりと考えていかなければならないと思っている。

例えば今考えていることは、仕事よりもサーフィンが優先とゆう宣言をしている以上、やはりそれなりのことをしていかなければならないと思っている。

自分のサーフィンライフを支えるための仕事であって、仕事の息抜きの為のサーフィンではない。

その辺のところはしっかりとしていこうと思っている。




ちなみになんだけど、昨年2018年でぼくがサーフィンをした日数は244日だった。

週平均は4.69日。




参考までに月別の内訳は以下のとおりである。

1月 12日間
2月 19日間
3月 23日間
4月 27日間
5月 28日間
6月 18日間
7月 14日間
8月 12日間
9月 26日間
10月 20日間
11月 19日間
12月 26日間



サーフィンのベストシーズンは3月から5月

本来ならば1月はサイクロンシーズンの始まりで、サーフィンできる日が多くなるはずだったのだが、最初の2週間はずっと波が無かったのだ。

だから2018年はスタートが遅れたのだ。

そしてやはり自分の体感通りに、ゴールドコーストのサーフィンのベストシーズンは3月から5月である。

この3ヵ月の合計では78日間もサーフィしており、中には疲れすぎてわざと休んだ日もいくつかあったのだ。

なので今年は体調管理にも気をつかって、ここら辺の日数を増やしたいと思う。







2、身体のメンテナンスを怠らない。


サーフィンを毎日続けるために必要なのは、健康であることは言うまでもない。

週末だけのサーフィンならば、それなりに無理をしてでも続けれるだろうのであれば。

しかし毎日海に入ろうと決めたのであれば、自分の健康管理や身体のメンテナンスにはもっと気をつかう必要が出てくる。

そこでぼくが定期的にやっていることがいくつかあり、これらは基本的なことだ。

気を抜くことなくしっかりとやっていこうと思っている。



スポーツマッサージ


昨年中に、一度腰痛を持ってしまってから気をつかうようになった、身体のメンテナンス。

現在は月に2,3度の割合でスポーツマッサージを受けていて、筋肉のほぐしや歪み、痛みの緩和などを中心にやってもらっている。

ぼくが受けているのは、2016年リオ五輪女子バレーの専属マッサージを務めていた鈴木先生のメンテナンスだ。

おかげさまで毎日のサーフィンに加え、長時間立ちっぱなしの仕事でもいいパフォーマンスのための身体を保つことができている。




【サーファーの宿命な腰痛】信頼関係で絶対に完治!「本物のケアができるマッサージ師」にゴールドコーストで出会った。
https://www.spirit-kooks.com/2018/06/goldcoast-massage-suzukisensei.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014





お酒を飲まない

基本的にお酒を飲むのは好きである。

しかし強くはなく、二日酔いに悩まされることが多い。

毎日のサーフィンにお酒は必要なのか?

そう自分に問いただした時に出てきた答えはNOだった。

なのでソーシャルの場以外では、飲まないようにしている。




【サーフィンレポ】お酒を飲まなくなったら毎日サーフィンできるようになった。
https://www.spirit-kooks.com/2018/11/miamibeach_15.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014







3、サーフィンのDVDを見る。


数年前から、サーフィンのイメトレ動画といえばYouTubeやインスタグラムを観ているのだが、やはりDVDのほうがいいんじゃないかとゆうことに気がついたのだ。

YouTubeやインスタグラムの動画はどうしても尺が短くて、いくつもの動画を流しながら観ていくのは楽しいんだけど、それだけで終わってしまうことが多い。

サーフィンのDVDは1本30㌦くらいするだけあって、映画のようにしっかりと作り込まれている。

登場するサーファーの豪華さや、音楽や映像の美しさ、そして面白いストーリーが作り込まれているものが多い。

あの音楽を聴けばあのシーンが頭の中で流れるってことがよくあるんだけど、これらはみんな何度も繰り返し見てきたサーフィンのDVDにあると思う。

最近ふと昔のDVDを引っ張り出してきては見ているのだが、15年前のまだミニボードが登場する前は普通に長いボードでみんなサーフィンしてたんだよね。

アンディやタジ、テイラーノックスらが、今よりもちょっと長いボードで大きなラインを描いたサーフィンを見てみると、いいインスピレーションを受けるよ。








まぁやっぱり手軽に観れるのはYouTubeだよね。

サーフィンがテーマのユーチューバーは何人もいるけど、2019年にぼくが注目していこうと思っているのが「せきとくん」だ。

若いアマチュアサーファーなんだけど、サーフィンがすごく上手でテクニックの解説ができていてとても参考になる。





サーフィンが上手な人でも、そのテクニックを言葉で説明できる人ってそんなにいないんだよね。

だからこのせきとくんはおすすめなのである。





まとめ


まぁとにかくサーフィンしましょうとゆうことで、3が日から燃えているその気持ちを書いていきました。

とにかく今年はサーフィンにもっと集中する自分のスタイルを大切にしながら、海に入る日数を増やしていきたいと思う。

2019年もどうぞよろしくお願いします。







【プロサーファーも愛用中】


いくらウェットスーツの性能が優れていても、水温の低いところでのサーフィンは身体が冷えてしまいがちだ。一度冷えると自然に温まることがない上に、身体が硬くなってケガもしやすくなってしまう。そうならないためには何としてでも身体は温めておいたほうがいい。

とゆうことで有名プロサーファーたちも愛用中のアイテムを紹介します。

ヒアルロン酸配合のホットジェル。

これさえあれば真冬のサーフィンも暖かく楽しめるとゆう優れものだ。