【サーフィンのルール】 スネークイン、インサイドからのゲッティングアウトについて


ドロップインの決定的瞬間。一番奥がぼくである。




インサイドからピークに回り込んで波を取ること?



ドロップインをしていないとゆうことを踏まえれば、一見正しいことのように思えるのだが、インサイドからピークに回り込むスネークインとゆう行為は、完全なるマナー違反である。

とくにポイントブレイクでは、かなり気をつかう必要がある。



どうゆう時にスネークインをしてしまうのか。


ゴールドコーストでもスネークインをよく見かけるのが、湾の中にある広いポイントブレイクであるスナッパーロックスからグリーンマウント、キャバリタビーチ、レノックスポイントなどが挙げられると思う。

もちろん今挙げた以外でも、バーレーヘッズやカランビンアーリーでも同じような状況になることがある。





まず最初に言えるのは、ゲッティングアウトしてからピークに向かう時だ。

ポイントブレイクでは流れが強い時が多く、ピークに一番近いところからエントリーして外に向かって流されることがある。

この時に多くのサーファーたちは、なるべく早くピークにたどり着こうとして、インサイドからゲッティングアウトしてしまいがちだ。

しかしこの行為は、波に乗ってくるサーファーの邪魔になる。

さらにダメなのは、アウトで割れなかった波がインサイドの方まで入って来た時に、その波をアウトからパドルインしようとしているサーファーがいるにもかかわらず、自分がインサイドからピークに入り込んでテイクオフしてしまうとゆうのだ。

ドロップインルールだけを適用するのであれば、インサイドから入り込んだサーファーに優先権が発生するが、これは思いっきりマナー違反である。

波とゆうのは、アウトから追いかけてきたサーファーが乗るものである。

このルールを知らない人にとっては、こんなことを言ってもたぶん伝わらないだろうなって思う。

どこから波にアプローチしようが、波のピークに一番近いところから乗ってくるサーファーに優先権があるのだから、たとえインサイドからだろうが関係ないとゆうことになるのだろう。

しかしこれはスネークインとゆう立派なルール違反行為なのである。


もう一つは、波に乗った後である。

アウトのピークから乗った波が途中で終わってしまったり、ワイプアウトしてしまった時など、水面に上がってみるとまだラインアップの近くにいることがある。

そして次の波が運よく入ってきて自分の近くにピークがある場合、ラッキーだって思うのはあなただけではない。

もちろんぼくだってラッキーだと思うし、喜んでその波を取りに行く。

しかし注意しなければならないことが一つある。

その波をアウトから追いかけてパドルインしようとしているサーファーがいる場合は、どんなに君がピークに近いところにいるのであっても、パドルを止めなければならない。

ここから乗ってしまうのは、スネークインとゆうルール違反になる。

もしもこの位置から君が波に乗って、アウトから追いかけてきたサーファーがドロップインした形になっても文句は言えない。

そこで君が、「ヘイヘイ!」などと声を出してどかせようもんなら、前にいるサーファーは怒って思いっきりカットバックをぶちかましてくるだろう。

もちろんぼくがその立場であったら、そうするに決まっている(笑)


大変分かりにくい状況であり、知らなければ無意識にやってしまうスネークイン。

ぼくの中では、ドロップインよりも質の悪い行為だと思っている。

知らないのであれば分かるまでしっかりと考えて、このルールを覚えるまではポイントブレイクでは入らない方がいいだろう。




Burleigh point




スネークインをを避けるために覚えなければならないことは、ゲッティングアウトはアウトから回り込むとゆうことだ。

ぼくもポイントブレイクは大好きだ。

いつもバーレーヘッズで入っているし、グランドスウェルが入ったスナッパーロックスでは必ずラインアップにいる。

そしてそこでは思いっきり混雑している。

そんな状況ではフラストレーションが溜まるのは当然だし、そしたら何が何でも波を取りたいって思うよね。

そしたら無意識のうちにインサイドからゲッティングアウトし、アウトで見逃された波を取りに行こうとしてしまうのもんだ。

しかしもうやめようか。




ポイントブレイクでは、アウトから回り込んでゲッティングアウトすること。


波がブレイクしないところを、ひたすらパドリングで進んでピークに向かうのだ。

半端なく疲れてしまうが、波に乗ってくるサーファーの邪魔にならないようにゲッティングアウトするのが正しいやり方なのだ。

ここまで読んでくれた方は、「そんなの当たり前だろう」って人が多いと思うが、ここ最近見かけたゴールドコーストでの日本人サーファーが、平気でスネークインしているのを見かけたので書こうと思ったのだ。

もちろん日本人だけをピックアップしているつもりはなく、オージーでも知らない奴はスネークインしている。

でもほんとスネークインはダメなんだよね。

ドロップインよりもひどいルール違反である、スネークインを今一度しっかりと考え直して欲しいと思う。









【プロサーファーも愛用中】


いくらウェットスーツの性能が優れていても、水温の低いところでのサーフィンは身体が冷えてしまいがちだ。一度冷えると自然に温まることがない上に、身体が硬くなってケガもしやすくなってしまう。そうならないためには何としてでも身体は温めておいたほうがいい。

とゆうことで有名プロサーファーたちも愛用中のアイテムを紹介します。

ヒアルロン酸配合のホットジェル。

これさえあれば真冬のサーフィンも暖かく楽しめるとゆう優れものだ。


0 件のコメント :

コメントを投稿