【Kirraのチューブライド】グリーンルームを抜けた後に膨らんだチューブの中での、「轟音と暴風」







チューブライドの夢


ピークがちょうど入って来て、ぼくよりも奥にいたやつがチャージしようとしていたが、そいつは波に追いついてなかった。

だからぼくは、「やつをけん制」しつつ、しかし遠慮なくこの波は自分のだって思いっきりチャージしてやった。

テイクオフはスムーズで、スーパーイージーだった。

どでかいうねりに押されてボードが走り出してから、浮き上がろうとするボードを両手でしっかり押さえつけた。

波はホレ上がって来てなかったので、そのまま普通のリズムでスタンドアップ。

これが速い波だってのは分かってたから、ボトムに深く下りすぎないようにだけ気を付けて、しかしパワーゾーンもしっかりと欲しかったので、そこだけは気をつかってファーストセクションに入った。

リップはまだ、巻いてこなかった。

ウォールがせり上がって来てたのだが、レールを入れ波に合わせてトップスピードに乗った。

このファーストセクションをスムーズに抜けてないと、その先で他の奴に前乗りされちゃうからね。

それに加えて、リラックスして余裕を見せておくのも大事。








チューブライドの始まり


それからすぐだった。

一気にリップが巻いてきて、一瞬でチューブイン。

身体がすっぽり入って、水しぶきを感じていたのは右のほほの部分だけ。

ぼくの身体は完全に、チューブの中に入っていた。

そしてそのままバレルの中を走って、かなりスムーズに長い距離を走っていたのは間違いない。

絶対にイケると思った。

どこまで進めば抜けれるのかはわからなかったのだが、まったく転ぶ気がしなかったのだ。

そして次の瞬間、バレルの色が茶色に変わり始めたと同時に、チューブの中が大きく膨らんだ。

信じられないことに、入り始めたときよりも、もっともっと大きなチューブになったんだ。

そこは完全に外の世界から遮断され、チューブの中独特の生暖かい空気が立ち込めていた。

そして、

ごおおおん!ばばばーん!

とゆう感じで、轟音と共に爆風が吹き荒れているとゆう、ものすごい世界がそこにあったのだ。

こんな経験は、初めてだった。

チューブの中にすっぽり入り、ずっと走っているとそのうち明るさも少しずつ失われていって、まるで洞窟みたいな雰囲気、といえばわかりやすいかも。

そしてなんとなく、「あぁこれで終わりかも」って思ってしまったんだ。

そしたら、思いっきりワイプアウトしてしまったとゆうわけ。

ワイプアウトする瞬間にも、意外と冷静にまだ続いていたチューブの中を見ていたんだけど、大量の水が渦巻いていてどす黒い世界だったね。

かなりすごかった。





もう怖くない


ワイプアウトは思ったよりも激しくて、水の塊とその圧が思いっきりぼくの身体を押さえつけていて、なかなか水面に上がれなかったんだ。

音も衝撃も激しかったし、ボードが折れちゃったかもって思ったくらい。

けどボードは無傷だった。




ちょっと前までは怖いと思っていたチューブライド。

今朝のキラは、4ftくらいのクリーンコンディション。

流れは強くなかった。

これぐらいならぼくも行けるとゆう確信ができた。

サーファーとして、ちょっとは成長したのかもしれない。

ちなみに使ったボードは、Stretch Donnyの6'2。

デカ波用なのでクロスが多め。

だからちょっとズッシリしていて、だからキラの速い波でもブレることなく乗っていけた。




さてもうしばらくいい波が続きそうなゴールドコースト。

明日もいい波乗れるかな。









0 件のコメント :

コメントを投稿