【D-bahサーフレポ】最初のセットの波は人に譲ってから、セカンドセットのもっといい波に乗る作戦。





ディーバーで波の取り合い


ここ2週間、ぼくは冬のホリデーを満喫中である。

有給を使ったホリデー中ではあるが、のんびりする暇もなく、シェフ業以外にもやることはたくさんあるので、まぁ週40時間分のフルタイムの仕事がない状態なだけで、小忙しい毎日を過ごしていることには変わりない。

まぁ好きでそんな感じの毎日を過ごしてるんだけど、サーファーらしい生活のリズムがちょっと崩れがちで、得意の早起きができなくなっているんだよね。

実はここ数日間、サンライズを見てないんだ。






今朝のサーフィンも朝2だった。

のろりくらりと出発して、D-bahにたどり着いたのは午前9時くらいだったかな。

近所のマイアミビーチからノースバーレー、パームビーチと順番に見て回ったのだが、波はどこもパッとしなかった。

だからD-bahまでたどり着いたんだけど、残念ながらここの波もたいして良くはなかった。

D-bahってのは年がら年中波があって、ゴールドコーストのサーフスポットの中でもベストブレイクに入るベストサーフスポットなのだが、ここの波がしょぼいのであれば、今日のゴールドコーストではどこに行っても、いい波は無いんだろうと諦めがつく。








コンディションはGood



天気はめちゃくちゃ良くて、青い空にちょっと冷たいそよ風(オフショアだった)。

心なしかひんやりしてたんだけど、日差しは強く、体感温度はちょっと高め。

最初の寒さをちょっと我慢すれば平気ってことで、フルスーツじゃなくてロンスリでパドルアウトした。

海に入ってたサーファーの数は、だいたい30人ぐらいだったかな。

D-bahにしてはそれほど多くないが(多い時は100人以上も入っている)、波数が少なかったので取り合いは必須だった。

それに今日ばかりは波のクォリティも良くなかったので、みんなフラストレーションが溜まりやすいからなのか、譲り合いは一切無し!

一つの波に3,4人でチャージするとゆうみっともない奪い合いが、ビーチのあちこちで起きていた。

こんな状況ってやっぱりテンションが下がってしまうよね。

しかしぼくもどちらかといえば、「海の中ではあまり遠慮しないタイプのサーファー」なので、パドルインが遅いやつを見つけては、そいつの近くで波を待ち、入ってくるいい波は全部ぼくが乗らさせてもらうとゆう、ちょっとずるい手を使ってやったのだ(笑)。

だってぼくはすぐに上がるんだもん。短時間でチャチャって乗らせてよ。

ってのがぼくの主張(笑)









波の譲り方



でもあれだよ。もちろんたまには譲るんだよ。

あ、いいセットが入ってきた。だけどこりゃダンパーになるな」って波はちゃんと譲るようにしている(笑)

その波に乗るかどうかは、その人次第だもんね。

セットが入って来てるのが見えたら、すかさずパドリングをし始めるんだけど、そしたら周りの奴らも同時に波を追いかけ始めてるよね。

そこでぼくは乗る気もないくせに競り合いを起こして、ギリギリのところで諦めたふりをする。

そしていかにもマナーのあるサーファーな振る舞いで、「GoGo!!」と声をかけて乗らせるんだ。

そこで波を読める奴はボードを引いて乗らないだろうし、ハングリーな奴は突っ込んでいってワイプアウト(笑)

そしてだいたいセカンドセットぐらいがいい波だったりするので、それに乗るとゆう訳。

D-bahでの波に乗ろうと思ったらこれぐらいやんなきゃなんだけど、それでも乗れない時もあるからね。

ほんとは混雑しないところで、極上の波に乗りたいよね。

明日もいい波乗れますように。









【乗ると決めた波は必ず乗るんだ】


【バーレーヘッズでサイクロンスウェル初日】短時間で効率よく波に乗ろうと思ったら、一番奥のピークから波に乗るべきなのである。
https://www.spirit-kooks.com/2019/02/catchwaves-atthepeak-inshort-time-burleighpoint.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019







0 件のコメント :

コメントを投稿