腹痛なのに!? 娘が寝かされていたのは外だった!!








キンディーでのこと。長女のリオが体調不良になり今すぐ迎えに来てほしいとゆう連絡が先生からあった。こんなことは初めてだったので、平静を装いつつも慌てて奥さん次女と一緒に迎えに行ってきた。

先に奥さんがGPに予約を取っていたので、迎えに行ってそのままドクターのところへ連れて行く段取り。緊急のため、掛かりつけのドクターじゃなかったので少々不安だったが、診断結果は風邪による菌がお腹に回ってるのだろうとのこと。しばらく様子を見て回復しなければ再診しなければならないとゆうことだった。

先週末から下痢したり吐いたりしていたのでその症状が長引いているのだろう。





キンディーの中にいたリオはお腹を痛がって泣きながら寝ころんでいたそうだが、奥さんが園の中に入って行くとなんとバックヤードのベンチで寝ていたらしい。

それを後から聞いて「まさかうちの子がそんな扱いをされているなんて!?」と驚いた。

最初はコンクリートの地面で寝ていたリオを、先生がベンチの上に寝かせてくれたとゆうから、まぁこれがオージーなりのケアなんだろう。

ぼくの想像していたところでは、保健室みたいなところで(そんなものがあるのかも不明だが)そっと寝かせられてると思ってたのだが、まさかの外?みたいなね。





まぁきっと泣いている時のリオは最強に強くなるので、先生が部屋の中に入るように促したであろう(そう願いたい)けど強く拒否をして聞き入れなかったのだと思うが。

ここに住んでいると、日本の常識を普通の感覚と思っててはいけない事がたくさんある。国が違うのだから当然な訳で、ぼくらも日々新しい事を学びながらなんとかやっている。

ここの先生方はみんなすごく優しくていい人たちばかりなので抗議をする気持ちは一切ないが、親がすぐにやってくるのを分かっていながら、しかしそれでも外のベンチで娘を寝かせ続けていたそのオージーの神経の図太さに軽いショックと、「こっちももっと適当に付き合わなあかんなぁ」とゆう気持ちが芽生え始めた今日の出来事である。

0 件のコメント :

コメントを投稿