せっかくゴールドコーストに住んでるんで、タトゥーを入れてみた。






実は最後に迷いが生じたのだった



16年振りに新しいタトゥーを入れた、2016年の師走。

Serpents inkはパックフェアの向かい、ゴールドコーストハイウェイ沿いにある。

ぼくがそこを選んだ理由は、Facebookに出てた図柄が気に入って、ショップに話しに行ったときの印象が良かったから。

タトゥーを入れようと思った時から、いくつかのアイデアがあって、他のショップに行って話してみたけど、施術までには至らなかった。

それはコミュニケーションがスムーズにいかなかったり、金額が高すぎたり、彫り師が感じ悪いとかで、一生物のタトゥーを入れるのに必要な「何かこうビビッとくるもの」が無かったからだ。

先に50ドルのデポジットを渡して、予約の日時を決めてもらった。



予約をしたら日時をカードに書いてくれた


自分の休みに合わせると、ちょうど3週間後の月曜日。

12月12日が、ぼくの人生2度目のタトゥーを入れる記念すべき日となった。

自分でもびっくりしたのだが、あまりにも緊張し過ぎてショップに到着してから書類にサインしてる時、手とか震えてたからね。

しかも終わったから言えるけど、やはり直前で迷いが生じたのだった。





タトゥーを胸に入れるのは痛いってのは本当らしい



最初に決めていたタトゥーを入れる場所は、左の前腕だった。

しかしそこだとモロ露出しちゃうし、やっぱ隠れてないと日本に行った時にヤベェかなって事で、胸にしようと考え直した。

でもやっぱり腕も捨てがたいので、やっぱり右上腕の内側にしようかなって思い始めて決めかねず。

この時点で優柔不断丸出しで、タトゥーを入れる覚悟があるのか無いのか、全く疑わしい状態なのは自分でもどうかなって思ったけど、別に何となく入れたい気分だったからぶっちゃけどこでも良かったのだ(笑)

そう、今回のタトゥーは何の意味もなく、「入れたいから入れてみた。」ってとこなのだ。


当日になっていざショップで、「いやー実はさ、どこに入れようかまだ決めてないんだね」
っと伝え、胸に入れるのはどう?って聞いてみたら、「迷ってて胸ならやめた方がいいよ。マッチョな男でも途中で逃げ出すほど痛いからね」って言われビビってしまい、速攻で却下!

結局右上腕の内側に入れることにしたのだ。








チュッパチャップスをもらった(笑)







たぶん日本の彫り師だったら、こんな優柔不断な奴には彫りたがらないかもしれないなと思いつつ、こちらのタトゥー事情のカジュアル感にちょっと笑ってしまった。

気になる痛みの方は、みんなが想像するほどのモノでもなく、自分でも拍子抜けしたほど余裕だった。

昔背中に入れた時は、何度も気を失うくらい痛かったのだが、今回は余裕しゃくしゃくで映画を観れたし、セルフィーしたり、途中で寝そうになるくらいだった。

料金は400ドル。ショップによってシステムが違うのだがここはデザインに値段が付いているシステム。他のところだと1時間当たり150ドルから200ドルくらいかな。








腫れもなく最高の仕上がり





ぼくの15センチくらいの大きさで2時間弱だから、時間制を取ってる彫師よりは割高になるかもしれない。

高い買い物だったけど、一生ものだしまぁいいかなって感じかな。

翌日職場で、ちょっとドキドキしたんだけどみんなに見せたら、ボスを含め全員からポジティブな反応が返って来てちょっと嬉しかった。







職場もOK





タトゥーが原因で解雇される心配はなさそうかな。

うちのキッズたちは、「あれまだある!消えてないの?」って朝起きたら驚いてた(笑)

子供の教育に悪いなんて、堅い事言いっこなしなのがゴールドコースト。

子連れのママたちが入れに来てたりするしね。






子連れママが予約しに来てた

主婦もファッション感覚でタトゥーを入れる





まぁせっかくゴールドコーストに住んでるんで、ぼくもタトゥーを入れてみたのだった。

みんなも思い切ってタトゥーを入れてみようぜ。




タトゥーに関する記事



【タトゥー】ゴールドコーストでタトゥーを入れる流れ。
https://www.spirit-kooks.com/2019/02/tatoo-goldcoast-process.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014

だからタトゥーはやめておけって。
https://www.spirit-kooks.com/2016/11/dakara-tattoo-hayameteoke.html
サーフィンブログ Spirit Kooks

【反論来るか?】日本ではなんでタトゥーをしてちゃ駄目なの?
https://www.spirit-kooks.com/2017/09/tattoo-japan-damezettai.html
サーフィンブログ Spirit Kooks

サーファーがタトゥーを入れる前に「ちょっと待て!」本当に今なのか?
https://www.spirit-kooks.com/2016/12/surfer-tattoo-chottomate.html
サーフィンブログ Spirit Kooks






【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】






今まで安いビーチサンダルを使い捨てしてたのだが、このアラジンサンダルを使い始めてから考えが変わり、愛情を持って使いたいと思うようになったほどの高品質ビーチサンダルである。

天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無かったのでかなり履きやすいものと言える。

さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!







【プロサーファーも愛用中】


いくらウェットスーツの性能が優れていても、水温の低いところでのサーフィンは身体が冷えてしまいがちだ。一度冷えると自然に温まることがない上に、身体が硬くなってケガもしやすくなってしまう。そうならないためには何としてでも身体は温めておいたほうがいい。

とゆうことで有名プロサーファーたちも愛用中のアイテムを紹介します。

ヒアルロン酸配合のホットジェル。

これさえあれば真冬のサーフィンも暖かく楽しめるとゆう優れものだ。