【タトゥー】ゴールドコーストでタトゥーを入れる流れ。







ゴールドコーストはタトゥーのメッカ



ゴールドコーストにはタトゥーショップがたくさんあって、いつでもどこでも気軽に入れることができる。

タトゥーってアンダーグラウンドで悪い奴が入れるものってイメージがあると思うけど、ここオーストラリアではカジュアルでファッションの一部として認識されている。

パシフィックフェアーやマイアミワンといった、家族で行くショッピングセンターにもタトゥーショップはあるし、街を歩いていればタトゥー済みの人たちをいつでもどこでも目にすることができるんだ。







ゴールドコーストへ短期の旅行でもタトゥーは入れれるのか?


答えはYESである。

日本ではアウトなタトゥーだけど、ほんとに入れたいんだったら、他の人から見えないところに入れておけば大丈夫でしょ?

少なくともそう思ってるから、小さなタトゥーを記念に入れたいって人が多いんだよね。

まぁそこら辺は自己判断。

入れたい人は自分の判断で入れるでしょ。

他人がとやかく言う必要は一切ない。

とゆうことで今日は、「短期の旅行でTATTOOを入れる流れ in GoldCoast」を書いていきたいと思う。








ショップ選び


ゴールドコーストのタトゥーショップは30軒以上あって、そう簡単には選びきれないんだよね。

インスタグラムでタトゥーショップを探し出して、そこにアップされてるタトゥーの写真から自分のお気に入りを見つけることってのが一番いいかもね。

タトゥーを彫る人もアーティストだから、デザインに得意不得意がある。

自分の好みと、彫ってくれる人の得意が一致させたほうがいいよね。

自分が好きなデザインを見つけたら、それがあなたがお願いしたいタトゥーアーティストってわけ。




ブロードビーチのおすすめショップ



デザイン


自分が書いたデザイン(下絵でもOK)を持ち込む方法と、アーティストが用意しているデザイン(フラッシュと呼ぶ)から選ぶ方法がある。

どちらにしても自分の意見はいくらでも聞いてもらえるようになっており、納得いくまで細かい変更をしてもらえるはず。










カードで予約金を支払った




予約


予約は早めに。

だいたいどこも人気があってずっと先まで埋まっていることが多く、少なくとも1ヵ月以上前から予約しておくのがベスト。

この時点で予約金(デポジットと呼ぶ)の、50㌦から100㌦を払わなければならない。

この予約金を払った時点で、アーティストがあなたの希望に沿ったデザインを描き始めてくれる。

そして基本的にキャンセルしても予約金は戻ってこないので、注意が必要。

あとこれはアーティストにもよるのだが、一般的には予約金=デザイン料となっているので、それまでに描いてくれたフラッシュはあなたのものとなり、持ち帰ることができる。

短期の旅行で入れる場合は、スケジュールの後の方にしておいた方がいいでしょう。

せっかく天気のいいゴールドコーストでの旅行なんだから、海やプールでも遊びたいはず。

タトゥーを入れたら1ヵ月は、海やプールで泳げないからね。










施術時間


タトゥーを入れる身体の場所、大きさにより施術にかかる時間は変わってくる。

例えば、はがき大のタトゥーを腕に入れるとしたら、3時間から4時間くらいかな。

ほとんどの場合、5時間から6時間かかっても一気に彫ることの方が多い。

日本の場合だと、1度の施術で1時間から1時間半とかが多いと思うけど、ゴールドコーストでは一気に終わらせるのが普通。

なので体調をしっかりと整えておくことが大切なんだね。










当日


飲み物、キャンディー、ガム、ミュージックなどをしっかりと準備しておくこと。

そして帰りに車を運転するのはあまり良くないので、誰かに迎えに来てもらうようにしたほうがいい。


もちろんお酒を飲むことや、痛み止めを飲むってのも、やめておいたほうがいいと思う。

オージーの中では酒飲んだ勢いで入れたとか、痛いの嫌だから薬飲んだとか言ってるやつもいるんだけど、ベストリゾルトを手に入れるならピュアな状態で挑むのが一番いい。










まとめ


ここまで読んだ人は、タトゥーを入れようかどうしようか相当悩んでるんじゃないかと思う。

初めてなら不安だろうし、ましてや海外でやっても大丈夫なのだろうか?といったような不安も多いだろうね。

今回の記事は、タトゥーを入れる基本的な流れを書いておいた。

本当にタトゥーを入れようか迷ってる人の背中を押すために書いてるんじゃないので、あしからず。

20歳の時に大阪で入れたタトゥーを、今でもよかったと思ってるぼくだから言えることなんだけど、ぼくがこれまでであって来た人の中でも、後悔している人はめちゃくちゃ多いからね。

だからよーく考えて、自分の背中は自分で押してくださいね。

それじゃあまた。













【ぼくが選んだタトゥーショップはこちら】

【ゴールドコースト タトゥー】2018年夏バージョン ローカルが選んだタトゥーパーラーのインスタまとめ
https://www.spirit-kooks.com/2018/11/2018-tattoo-goldcoast.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014










【実際にゴールドコーストで入れた時の話】

せっかくゴールドコーストに住んでるんで、タトゥーを入れてみた。
https://www.spirit-kooks.com/2016/12/getting-tattoo-in-goldcoast.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014





【ツイッターで話題中のアレ】

インテリアにそっと忍ばせておける防犯カメラ。
電源プラグから半永久的に撮影できる、USBプラグタイプの小さいアイテム。
サーフボードや大事なものをしまってる部屋へ、防犯のために。















0 件のコメント :

コメントを投稿