オーシャンバンクが現れた







オーシャンバンクが姿を現した。

この瞬間に居合わせれたぼくは本当にラッキーだなと思った。

ここ最近では久しぶりだったし、何よりこのバンクが作る波はいつものビーチブレイクよりも格段と質がいい。

イースターホリデーの中で、1日だけあったぼくの休みに合わせてくれるかのように、ちょうどこの日だけが家の前でサーフィン出来たので良かった。



このオーシャンバンクってゆうのは、ここら辺のローカルサーファー(と言ってもここのストリートの人間だけだが)が呼んでいるある特定のバンクで、普段はベールに包まれているが、ある条件が揃うとその姿を現す。

そしてどこでどう見ていたのか、そこが決まるとみんな入って来て賑やかになるのだ。

アウトに砂がついてて、それが東か北よりのウネリが当たると、結構ソリッドな波になる。

ポイントブレイクみたいに同じ場所で波がブレイクするから、ちゃんとみんなでローテーションしないといけないんだけど、一番奥からテイクオフするとそのままチューブになったりしてめちゃくちゃエキサイトするのだ。

ロータイドの時にしか姿を見せないこのオーシャンバンクは、ミドルセクションで強烈なカレントを巻き起こす。だからちょっと乗って戻ろうと思ってもハマってしまうことが多くなかなか前に進まないことがある。そうなってしまうと、20分パドルしてもアウトに出れないこともあって、地形をちゃんと読んでゲットしないとえらい目に合う。



この日は気温も暖かかったので、海パンで気持ちよくサーフィン出来た。

もうすぐウェットが必要になって来そうだから、探しに行かなきゃなぁ。


サーフィン ブログランキングへ