ケリースレーターはナイスガイ!? 波をシェア?そしてセルフィーで2ショットも??



パームビーチにケリースレーターが!!


まぁ信じられないかもしれないが、今日ぼくはケリースレーターと一緒に一つのバンクで波をシェアしたのだ。

テストライドをしてたっぽいケリーは、ちょっと小さめの波を何本も乗ってインサイドまで走っていた。多分時間にして30分くらいしかサーフィンしてないと思うけど、彼の全てのライディングをそこに入ってたローカル達と注目していた。



でもみんなそんなに騒ぐわけでもなく、さりげなくチラチラ見ながらケリーの様子を追いかけている感じだった。普段その辺でミックやパーコを見かけるような環境のゴールドコーストやから、ケリーがいてもそうでもないのかなと思った。ぼくの心臓はドキドキしっぱなしやったけど(笑)

一度全員が一斉に歓声を上げた瞬間があった。それはケリーがミドルで小さめの波に乗って、レフトに走ったと思ったらいきなり大きなエアー360を決めたからだ。めちゃくちゃかっこ良かった。

ぼくはてっきりみんなそんなにケリーを見つけてもテンション上がらないのかなと思ってたけど、やっぱりみんなこの瞬間を待ってましたーって感じで一気に周りが騒がしくなった。

アウトに戻ってきたケリーに、何人かオージーが話しかけてた。

ぼくも話したかったけど、なんて言えばいいか分からんし、怖い人やったらどうしよとか思ってその時は話しかけんかった。

しかしぼくはラッキーボーイなので後からケリーと楽しく会話できる時間がやってきたのだ。


 
 
 

セルフィーでケリーと2ショット!!


たまたま海から上がったタイミングが一緒だったのと、車を止めていた所が同じ場所だったので、思い切って写真をお願いした。

生まれて初めて会ったケリースレーターはめっちゃナイスガイで、笑顔で接してくれた。

ぶっちゃけゆうと、サーフィンいや、世界のスーパーヒーローを目の前にして、ぼくは死ぬほどテンパってしまったけど、驚くことにケリーからも話題を振ってくれたりして話が盛り上がった。

英語なんか完全に意味わからんような事ばっかり言ってしまってたけど、ケリーは気にする様子を見せることなく話してくれて嬉しかったなぁ。

筋肉ムキムキのケリーがぼくの身体を見て、「君は何か格闘技とかやってるの?」と聞いてきた。

「んーボクシングをちょこっとやってるで。ほら、プロサーファーの中でもやってる人がいるって聞いたし、ボビーマルチネスもやってるからそれに憧れて始めてん」と答えるとそこからサーフィンと格闘技のいい関係性について話し合えた。

とてもとても至福の時間を過ごせた。なんかトッププロサーファーからぼくを見て、格闘技をやってるのが分かるくらいの肉体を持ててる自分が嬉しかったなぁ。

あまりにも緊張しすぎて前回のブログケリースレーターがツアーから引退かにも書いたケリーの引退うわさ話の真相や、今日使ってた謎のボードの事とか聞くことができなくて残念やったなぁ。

けどずーっと会ってみたいと思ってたぼくのスーパーヒーローと出会えて、最高にいい気分になった。

今日は本当にあのタイミングであそこでサーフィンに行って良かったよ。波もオンショアが入るまで結構良かったし、セットでカタアタマはあったからね。

ケリースレーターはこんなぼくにも優しく接してくれるナイスガイでした!