【サーフィン】ゴールドコーストから日本へ、自分でサーフボードを送る方法を調べてみた。






ジャパンスピードパックの場合


ゴールドコーストで買ったサーフボードを、日本へ持って帰りたい時に利用したい海外発送の運送会社を調べてみた。

その前にサーフショップから日本へ送ることはできるのかって話なんだけど、それは全然OKみたい。

ぼくがお世話になってるレトリックサーフや、アルメリックマニアなタカさんがオーナーやってるオーサムサーフだったら、買ったボードを日本へ送ってくれるみたいなので、詳しい話はそれぞれのショップで聞いてみてください。

レトリックサーフ https://rhetoricstore.com/
オーサムサーフ https://awsmsurf.net/









ロングボードがお買い得だった





さて今回ぼくが調べたのは、Sidewaysで買ったロングボードを日本へ持って帰りたいので、送ることはできるのかとゆう話。

答えはYES。

ロングボードであっても、もちろんショートボードでも送ることができるらしい。

ただ送料がすこぶる高かった。

もうこれはオーストラリアの困った点なんだけど、海外発送の送料がめっちゃ高いんだよね。

輸出ビジネスやってる人たちは、どうやって儲けてるんだろうって不思議に思うくらい高くて困っちゃう。

今回見積もりを出してもらったのは、ジャパンスピードパックとゆう日系のところ。

https://japanspeedpack.com.au/


ロングボードのサイズは9′0なので、3メートルに満たない長さ。

これを日本へ帰国する際の別送の荷物として送ると、輸入税がチャージされないんだとか。

さて見積もりの金額である。

おおよそではあるが、670㌦とゆう金額が出てしまい、たじろいてしまった。

この件を依頼してくれたぼくのゲストに伝えたところ、今回は断念するとゆうことになった。

そりゃそうだよな。

ショートボードだったら、たしか350㌦くらいで日本に送れるのに、ロングボードの送料670㌦はちょっと掛かりすぎだよ。

ちなみにSidewaysに置いてるロングボードは550㌦くらいなので、送料込みで1200㌦くらいかな。

日本円に換算すると、90000円である。

それでも日本で買うより、全然安いね。

サーフボードは、現地調達でいいんじゃない?


0 件のコメント :

コメントを投稿