【サーフショップ大好き】SurfBoard Empireがノビービーチにオープンしたので冷やかしに行ってきた。




トップブランド、最新ボードが揃うサーフショップがオープン 


うちの近所のノビービーチに、新しいサーフショップがオープンした。

以前はLocal knowledgeがあったところで、その昔はビドラサーフ、そのもっと前はニールセンだった事を覚えてる人は、どのくらいいるだろうか?

まぁ名前が変わっても、ローカル御用達のサーフショップだとゆうことには変わりなし。

ぼくもなにかとお世話になってる所なので、オープンしてからちょろっと顔を出してきた。








元々は2フロアのサーフショップだったんだけど、今回からは2階部分だけになったみたい。

1階は、今の時点では工事中で、なんの店舗が入るのかよく分からない感じになってる。

カフェでも入ってくれりゃいいんやないのって、個人的には思うんだけどね。

ここのサーフショップ名は「サーフボードエンペラー」とゆうらしい。

どこからやってきたのか知らないが、MR、Pyzel、Lostのメイン販売となっていて、他にはFirewire、JS、Sharpeyeなども置いてたりするんだけど、それの何が凄いって数なんだよね。





フロア全体に埋め尽くされた最新ボードの数はなんと600本以上もある。

トップブランドの人気モデルに敏感なサーファーたちなら、2時間3時間は居座って、あーでもないこーでもないと、楽しい時間を過ごせるはず。

ぼくは個人的にサーフショップが大好きで、特にサーフボードがたくさん揃ってるところは、暇さえあれば顔を出しに行ってるんだよね。

このエンパイアでも、気になるサーフボード全て手にとって小脇に抱えてフィーリングを確かめて、例えばパイゼルとシャープアイでは同じハイパフォーマンスボードで同じボリュームを取ってみても、ボードのシルエットが全然違ってたりするのが、一目瞭然で分かるんだよね。





カノアのボードとジョンジョンのボードの違いを知って、それを頭に入れながら彼らのサーフィンを見て、波とサーフボードとサーファーのメカニズムを想像したりして、そしてボードに詳しい店員と話しながら答え合わせをしたり、新しい事を学んだりするってのがめちゃくちゃ楽しいよね。

ここの店員さん、名前はマークだったと思うけど、WSL Japanで働いてたんだって。

だから日本の波、特に湘南や千葉に詳しくて、日本人サーファーのこともよく知ってるから、サーフボードを選ぶ際には是非とも話しておきたいナイスガイだったよ。

ショップの場所は、超有名なジャパレス「Hachi」の並びのコーナーにあるノビービーチだ。



地図はこちら





ちなみに隣にあるHachiは、ぼくの先輩であるナンさんが経営してるんだ。

日本から遠征でやってきたプロサーファーたちも必ず寄ってるみたいだし、ローカルプロやレジェンドシェーパーなんかもしょちゅういるみたいなので、ここも要チェック!

とゆう事で、ノビービーチに新しくオープンしたサーフボードエンパイアの紹介でした。






👍脇田さんのサーフィンDVDです。ぼくはクラファンで支援したのでもう観ました。
エンドロールには「サーフィンブログSpirit Kooks」の名前も入れてもらってます。

0 件のコメント :

コメントを投稿