イタリアdeサーフィン 〜チヴィタヴェッキア〜







ローマから西北西に約60km行った所にチヴィタヴェッキアとゆう街がある。

大きな港がありそのとなりのビーチが外に向かって開いているので、ここはウネリを受けると予想している。



前回のブログのサンタマリネッラから約10km北上して、マランゴーネ川を渡った先がチヴィアヴェッキアだ。

電車だとテルミニ駅からチヴィタヴェッキア駅までFL5を使い1時間17分で到着する。

この町を拠点にして北へミナミへと風を見て波に任せた移動をすれば、いい感じでサーフトリップしやすいのではないかなと思う。

イタリア西海岸に沿って行くと、このチヴィタヴェッキアから北のフィレンツェ空港から約100kmのところにフォルテ デ マルミがあって、反対の南の方に下るとナポリやシチリアなんかがある。

風は北から吹いて来るからあまり南の方は期待出来なさそうな気がするけど。


チヴィタヴェッキアは地中海クルーズの大きな船が停泊するマリーナがあり、その出発地点となっている。

ビーチの前には広い駐車場もあって夏のシーズンには賑やかになるスポットなのだろうと思われる。

しかしここは主要な観光ガイドブックにはあまり出てこないから、静かでのんびり出来るところなのかもしれない。



初めて横断した日本人


今が2015年だからちょうど400年前の出来事だ。1615年に支倉常長を副使とする慶長遣欧使節団がチヴィタヴェッキアから上陸しローマに向かっている。

初めて太平洋、大西洋を横断した日本人である。

チヴィタヴェッキアは日本の仙台市ととても強い繋がりがある街らしい。

日本聖殉教者教会(CHIESA DEI SANTI MARTIRI GIAPPONESI)にはカトリック美術家の長谷川路可が手掛けた壁画があり、そこに描かれてるキリストは和服を着ているとゆう。

ここは波乗りをしなくても行ってみてもいいかな。



イタリアは調べれば調べるほど色々出てくる国だな。そんなことよりも波はどうなんだろう?
果たしていい波はあるのだろうか?

ちなみに今日のバンザイビーチはこれである。