平凡な毎日 〜 Live your life as a dream〜





ゴールドコースト。

5月10日 午前6時30分 気温10度。

いつもと変わらない朝。

西から吹いているオフショアがグラッシーなコンディションを作り出している。

波はまだまだ残っていてセットで肩位はある。



オーシャンバンクではもうすでに何人かが波待ちをしていて、それを見るとぼくも早く行かなきゃと心が踊る。

一緒に波チェックに来ているリオは、このヒンヤリした寒さにびっくりしてビーチを歩こうとしない。

これはサーフィンに行くチャンスだ。

一旦走り出したら止まらない黒川家の天使も、今日は抱っこされたままだからこのまま連れて帰れる*\(^o^)/*



つい先日までは海パン一丁でサーフィン出来てたのに、今日はさすがにシーガルで入った。

水温はまだ下がってないけど、風が冷たいから。

35歳にもなると、気になる身体への負担。

冷えた体は疲労を促進させると気づき始めてから、強がらないようにしている。

海のそばで平穏に暮らす。

このなんてことない日常がいつまでも続けばいいな。





「夢は大きく持とう」

とゆう言葉を知ったのは11歳の時。杉本先生が書いてくれた詩は、今でもずっと忘れていない。


「海のそばで平穏に暮らす。毎日サーフィンして外国人と働きたい」

ぼんやりとしていたぼくの夢がかなったんだなぁと気づいたのはここ数年。

それ以来「自分の夢って?」って考えても何も出てこない。

ぼくは夢を持てない無気力な男なのか?

いや、ただ単に自分の夢は全部叶ったから。

それ以上膨らませることなく、ただ濃くなって行けばいいななんて思ってるだけ。




こないだテレビでマスターシェフがやってて、それにイタリアの有名なシェフが出ていた。そこで彼が言った「Live your life as a dream」はとても心に響いた。

なんの変哲もない毎日を過ごしているけど、ここではぼくなりに夢の人生がある。

夢とゆうともっと大きな事を思い描こうとするけど、この普通の日常があるだけでぼくは満足なのだ。

いつもと変わらない朝が毎日やってくればそれで幸せよなぁ〜。



サーフィン ブログランキングへ







ボクシング ブログランキングへ