いじめについて考えるチャンス  ~Bars and Melody~





いじめってなくならないよね。子供の頃だけかと思ってたけど、大人になってからもしっかりあると思う。

みんな優越感を得たいからかな。それには人を馬鹿にしていじめちゃうのが一番楽だもんね。

けど、人はそれぞれ違って当たり前だとゆうことを、そして認め合いリスペクトするとゆうことが大切だとゆうことを分からなきゃいけないね。

うちの会社でも度々行われるスタッフトレーニングにも必ずいじめの問題が入っていて、かなり厳しい。
立場の上下に関係なくいじめに繋がる言動が禁止されていて、違反するとヒドイ場合には即解雇にもつながる重要な項目となっている。

そのいじめの内容とは、例えば身体的な事を馬鹿にしたり、出身国や宗教、習慣、言葉の事を悪く言ったり、嫌がる部下をボスが無理やりアフターファイブに誘ったりとなかなか幅広くカバーされている。

まぁ一応会社内でこれらのいじめとゆうものを感じたことがないけど、やはり人間は競争しながら生きてる以上、なかなか無くならないんじゃないかな。

だっていじめって人よりも上に行きたいと強く思う人間が、辛い努力に立ち向かおうとせずそして向き合おうともせずに、楽な方法で人を見下したり蹴落としたりして手に入れる優越感の延長上にあるものだと思うから。

だから地球上にこんなに違う人間がいてその中で上に行こうと思えば、自分の強みを少しでも活かして他の人をいじめて蹴落とした方が楽だもんな。ちょっと極端かな。。。




でぼくはどうなのかって?もちろんいじめはしない人間だけど。

でも正直に言うとぼくも自分が先進国日本出身とゆうだけで他の人より優位に立ってると思う時もあるし、他の人にはできない何かが自分にあったときに「え?こんな簡単なこともできないの?」って思ってしまう事もある。

人に意地悪なことをしてる時の自分ってなんて弱いんだって感じるけど、そして毎回改めなきゃいけないと思うんだけど、人をバカにしてる時の自分って優越感が出てくる。とてもとても恥ずかしいが。。。

で何が言いたいのかとゆうといじめはなくならないと思う。いじめは悪い人間だけがするものではなく、自分が人よりも上でいたいと思う気持ちから生みだされる一つの簡単な方法だと思うから、どんなにいい人でもついついやってしまうような些細な事だから。


だから何?だからっていじめは許されるの?

そうじゃなく人間にはこうゆう心が潜んでいるとゆうのを理解して、考えるきっかけがあればちゃんと考える、そうゆう風になればいいと思う。

そんなぼくがこのことを考えるきっかけになった動画がこれ。

世の中には様々な問題が潜んでいるけど、このいじめとゆうものが減れば減るほど、世界が平和になっていくとぼくは思うな。

 

キーワードで検索