6月最初の波乗りは?




ゆっくり入ってくる波



6月に入って最初のサーフィンはオーシャンストリートで決めた。

風も弱くひんやりとした朝、長女のリオを連れて波チェックに行くと、もうすでに5人位がサーフしていた。

うねりは穏やかなだったけど弱いオフショアの影響で面がツルツル。

ゆっくりゆっくりと入ってくる波がオーシャンバンクにあたってきれいに崩れていく。

ちょうど満潮がすぎて30分が過ぎ、これから潮が引いてくるところで、まだまだ潮が多い感じで割れにくいところもあった。


やること済ませればこっちのもん



いつも入ってるローカルのつるピカ親父がロングボード思って駆け寄ってきた。

ちょっと波上がったなぁとか、先週末は結構良かったなぁとかそんな話をしてつるピカ親父は先に入っていった。

この風の感じなら多分強くなる事はないだろうなぁと感じた僕は先に家族との買い物を済ませることにした。





波のいいタイミングを当てると嬉しい



買い物から戻ってきてもう一度見に行くと、潮もすっかり引いてオーシャンバンクが顔を出してる。

コナミながらもポイントブレイクのようにきれいだった。

仕事までのほんの数分だけ、波に乗ったけどやっぱサーフィンっていい!って改めて思った。

波に乗ったら感じるあの海からのパワーは、どんなに刺激的な遊びよりもテンションが上がる。

陸上では絶対に味わえない快感がある。

天気が良かったのでシーガルで入ったけど、水はやっぱり少しずつ冷たくなってるし結構寒いね。


いい波くるかな?


ゴールドコーストのハイシーズンは夏なのでそれが過ぎると人が減ってとても静かになる。

海に吹く風もオフショアの日が多くて、波が小さい日ばかりになりサーファーの数もぐんと少なくなる。

そして心落ち着く穏やかな日がやって来る。

寒い季節のゴールドコーストもなかなか素敵なのだ。

6月と言うと雨と共に波が炸裂して、南風ビュービューでもいい波だったりの日があったような気がするけど、今年はどうなるかな。

まぁ焦らずにゆっくりとできるときに少しずつ長く長くサーフィンを続けていきたいね。



キーワードで検索