天命を待つ。

何事もガマンで乗り越えるのだ。


今現在、ガマンしている事が2つある。それは2週間近く前にクレームに出したまま、一向に返事が返ってこないサーフボードの件と、家のネット回線が遅くなってしまっていて、ブログがUP出来ない件である。

どちらも自分でどうこう出来る問題ではないのだが、こうゆう状況では必ず黙って耐えうる癖が小さい頃からついている。長男だからなのか、そうゆう家庭で育ったからなのか。

心の中では「どうにかさっさと解決してくれ」と強く願ってるのに、それを上手く表に出さないのだ。

自分から相手側へプッシュするとかがちょっと苦手なのだ。

なんか悪いなぁと思って気後れしちゃうってのが本当のところなんだけどね(笑)

何が正しいのかぼくには分からないが、こうして苦行(大げさだけどね)に耐えうる日々もまた、自分を見つめ直しそして心の強さを高めていくチャンスだとぼくは思うのだ。


毎日の積み重ねの結果は先に進んでみないと分からないものだ。すぐにどうこうと結果を急ぐよりも、出来るだけの事をちゃんとやっておいて、その先にやってくる自分の運命をしっかり受け止める。

あぁこうゆうのって「人事を尽くして天命を待つ」とゆう事なのだろうな。

やっぱりこうして自分の気持ちを文章に書いててもなんか自分で納得できる(笑)

なにかに耐えながら毎日を過ごす人生の一コマがやっぱり好きなんだろうなぁ自分は。

0 件のコメント :

コメントを投稿