スピード違反、レジ切れ、無保険で検挙されてしまった。










昨日の夕方、西日に向かって車を運転していたらスピード違反で捕まった。どこで見てたのか、気が付いたらスピードガンを持って目の前に立ちはだかっていたのだ。

普段は第六感の「ポリスレーダー」を使って、どこかに隠れていても見つけれるのだがここ最近ジムに行く時はちょっと急いじゃうとゆう癖があって、それでやられてしまった。

そしてポリスがぼくの車を調べたところ、レジが支払われておらず3か月前にキャンセルされていたとゆうではないか。それに伴い無保険とゆう危険な状態!

スピード違反を含むいくつかの罰金が重なり、4枚もの黄色いチケットを切られてしまった。そしてレジは支払期限がとっくに過ぎてキャンセルされているとゆうことで、ナンバープレートもその場で没収されてしまったのだ。

ジムに行くために急いでいたのでスピードが出てしまっていたのだが、財布を持って行ってなかったのでさらに免許証も不携帯であった。

もしかしたら逮捕されちゃうんじゃないかと不安になったが、それだけはなんとか免れた。

レジはこれまでちゃんと支払ってきた自信があるので、ポリスに指摘されても何かの間違いじゃないかと数回調べてもらったが、やはり支払い記録が出てこなかった。そういえば手紙も来てなかったし、いつ期限が切れるのか覚えてなかったことをその瞬間に思い出した。

後で友人に聞いたところによると、車のレジの住所などは免許証とリンクしているらしい。前にブログにも書いた免許の更新を忘れてた件。あの頃に前の住所に車のレジ更新の手紙も来ていたのだろう。やってしまった。





ナンバープレートを外されると、ぼくの車はなんだかすごく間抜けな姿になった。とゆうか奥さんの車だからね。迷惑かけちゃったなぁ。。。


そしてポリスから渡された特別許可証で家までまっすぐ帰る事だけを許され、とりあえず車は家の駐車場までは持って帰って来れた。

さてここからが問題である。レジがキャンセルされてしまっているので、車の登録を最初からやらなければならない。

ロードワーシーと呼ばれる車検をクリアして、QLDトランスポートセンターに行ってプレートを貰って来るとゆう段取りだが、これは時間とお金が必要になりそうだ。

今回捕まらなかったら、レジが切れてることにこの先ずーっと気づかなかったと思う。それなら事故を起こしたり、遠くに遊びに行ってる時に発覚したりとかじゃなくてよかった。

起きてしまった事を悔やむよりも、最悪の状態になる前に自分の癌が早期発見されたことのようにホッとした。


もうすぐまた引っ越しをする予定なのだが、その時はちゃんとその日のうちに住所変更をしよう。そんな善良な市民として、とても基本的な事を今更ながら学んだ今回の教訓である。

ちなみに気になる罰金のほうは、4枚のイエローチケット合わせて$1333とゆうフィーバー的な数字となった(笑)なかなかな金額で実感湧かずである。

お金とゆうものはまたちゃんと入って来るようになってるので心配ないが、ナンバープレートが無事に取得できるのか、それが引っ越し前に完了して走らせれるようになるのか、そのことばかりが心配である。

現地在住の皆さんもどうかもう一度、レジの期限を確認した方がいいですよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿