最強のストリートファイターが天国へ行った。~キンボスライス~







ストリートファイター



6月7日火曜日、キンボスライスは搬送先であるフロリダの病院で、42歳とゆう若さで亡くなった。

死因は心臓発作と言われている。

6人の子供達を残してこの世を去った、キンボスライスの本名はケヴィンファーガソン。

一番上の息子、ケヴィンファーガソンJrは23歳のMMAファイター。

ベイビースライスとして知られている。

キンボは2007年にUFCでプロファイターデビューをしているが、本当のキャリアはストリートファイトだ。






最強のユーチューバー




You Tubeに、バックヤードで行っている素手ファイトを投稿し始めたのが2003年。

レフェリー無しのボクシングルールで、グローブ、ヘッドギアを着用しない、本物のストリートファイトでキンボは有名になった。

黒い肌にゴリラのような筋肉、そしてごわごわした髭。

震えがくるほどの姿なので、動画を見ていると興奮と恐怖心が入り混じって、何とも言えない気分になる。

動画配信されていたファイトは、全て賭けファイトだったとゆうから、生き延びるための戦いを繰り広げていたキンボを見ていると、何か自分の弱っちい闘争心さえも揺すぶられる気がしていた。

だからぼくは暇な時にはいつも何気なく動画を見ていて、ボクシングジムでのトレーニングの最中にキンボを意識しては、身体を左右に大きく振って攻め込む練習をしていた。




プロボクシングのリングにも立っていたキンボスライスは、2013年のシドニーのエンターテイメントセンターで、QLD州のシェーンティルヤードと戦ったのが最後のリングであり、アメリカ国外での最初のファイトでもある。

結果はキンボの2RKO勝ち。

さっき改めて動画を見てきたけど、やはりストリートファイトほどの迫力がないのでキンボの本当の魅力からは程遠いのだが、シェーンティルヤードがリングに沈んだ後、シドニーの観客は一斉にブーイングを飛ばしていた。



それはアメリカ人であるキンボに対してなのか、ボディーを食らってあっさりと両ヒザをついたオージーファイターになのか定かではないが、地元の観客はきっとキンボスライスが恐ろし過ぎるあまりにリスペクトを示すことができなかったんだろうな。って言ってしまうのはちょっとオージーをバカにし過ぎかな(笑)





天国でもどうか、いいファイトをしてますように。




【レアものフィギュア】

今は亡きキンボのフィギア。

これはプレミアが付いて、そのうち高額になっちゃうんじゃないか?

無くなる前にポチっとな。










【レアもの見逃してない?】

UFCファイターのフィギュアコレクションに、キンボは入ってる?
まだなら今のうちだ!



















0 件のコメント :

コメントを投稿