バーレーヘッズにもパーキングメーターが来るかも?!

パーキングメータ始動の予感










やっと波が落ち着いた。1週間近く続いた3-4footの波は、スナッパーやカランビン、バーレーヘッズなどのレギュラーブレイクポイントで、かなりいいファンウェーブが続いていた。

ぼくも仕事とボクシングからの疲れを顧みずに、毎日しっかりとバーレーポイントでサーフィンしていた。ぼくにとってバーレーヘッズは、ホームのような思い入れ深い特別なポイントで、ワーホリでここに来た2002年からずっとここでサーフィンしている。

東からのうねりでバーレーの波が上がると、どんなに仕事が忙しくても、どんなにボクシングで疲れてても、そして普通のサーファーがビビる位のハードなコンディションでも、ノーエクスキューズでパドルアウトすると心に決めている。それがぼくのバーレーに対するリスペクトの仕方だ。




いい波になると混雑は避けられない。特にワールドツアー第一戦が行われる所で有名なスナッパーなんかは、あまりにも混雑しすぎていて、時々議論が起こったりもしているのが、新聞に出てたりしている。

それは例えば、海への入場制限をしたほうがいいんじゃないかとか。ちょっとあほみたいな話だが、それをあのレジャンドサーファーのオッキーも賛成意見を言ってたから結構マジで議論されてたのかもしれない。

バーレーの混み具合もクーランガッタの方ほどではないけど、ぼくが来た13年前に比べると格段と混雑具合が増した気がする。





バーレーの波は万人受けするほど優しい波じゃないから、海の中の混み具合は昔からそんなに変わってないように思える。けど、駐車場は悲惨なことになってきている。

それはバーレーヘッズにはサーフィン以外の楽しみがいっぱいあるからなのだ。大人気のコーヒーショップnook、ビーチサイドレストランOskars、オージーキッズに好評のスイミングスクールRackleyswimming、他にもBurleigh heads national park、とここでは一気に紹介できないほどの、様々な楽しみ方がある。なので波の良さに関わらず、常に大勢の人が集まるスポットなので、駐車場を探すのに一苦労する人も多い。

ぼくもサーフィンしに来た時に、駐車場が見つからない時はちょっとイラッとするので、何とかならないかなぁと思ってた。





先日のブログこちらでも話した、ゴールドコーストの新しいパーキングシステムは、サーファーズやサウスポートでもどんどん導入され始めていて、このバーレーヘッズでも、いよいよスタートしそうな感じである。

いままでは無料駐車場だったところが、有料になるのは少し不満の声も上がりそうですが、停め放題の場所がなくなるので、本当に必要な人たちがもっと車を置きやすくなるのではないかと期待しているのである。

それから過剰な混雑が避けれればぼくも嬉しいし、駐車料金やオーバータイムによる罰金を徴するゴールドコースト市の財政が潤えば、なおいいことではないかと思われる。






バーレーにサーフィンしに行くたびに少しばかりではあるが、お金が掛かるようになってしまうので、ぼくのうちでも家計に負担がかかるのではないかと、少しばかり心配になるが、こうゆうちゃんとしたシステムをスムーズに導入するゴールドコースト市は素晴らしいと思う。


ちなみに駐車料金は1時間$1.80なので2時間サーフィンして、シャワーを浴びて着替えてからnookで$4.00のコーヒー飲んで少し休憩すると、合計で$8.50は使ってしまうことになる。ゴールドコーストのジャパレスの時給が$13.00のところもあるから、そう考えるとサーフィンに行くだけでとんでもない出費になる。サーフィンもお金が掛かるスポーツになってきたなぁ。