雷でやられた洗濯機

夏の風物詩サンダーストーム





こんにちは。夏もハーフウェイを過ぎて、ゴールドコーストの夏らしい雨の季節がやってきましたね。

気温が25℃あって、みんな蒸し暑い日を過ごしているんじゃないかな。

寝苦しい夜になると、もう少し涼しくてもいいんじゃないかとも思うけど、冬の寒さよりは全然ウェルカム出来るってことで、夏の暑さを楽しんでるよ。



昨日の夜の事、突然雨が激しくなったと思ったら雷までやってきた。

サンダーストームってやつだ。

うちの上まで来た時には、地響きがするくらいの勢いで落雷してきた時はビックリさせられたよ。

そいつがどこに落ちたのか正確な場所までは分からないけど、あの衝撃は恐怖を感じさせるものがあったね。

それだけならまだ家の中で楽しむ程度で終わるけど、やっかいなのは停電だ。

この辺りは、サンダーストーム+激しい雨=電気がやられる。ってゆう方程式が、必ずって言っていいほど、適用されるからたまったもんじゃないよ。




ちょっと前には隣のストリートで落雷があって、うちのストリートまで停電したことがあった。

雷が落ちた瞬間には、外で大きな乾いた爆発音がしたのと同時に、コンセントのパワーポイントが「ボンッ!」と音を立てた。

その停電は次の日の夕方まで続いて、電気が使えない不便な時間が続いた。

人間とは電気がないとこんなに何も出来ないものなのかとショックを受けたなー。

夕方には無事に復活して、冷蔵庫の食材も何とか腐らずに済んで、一安心でいつもの生活に戻った。



その後近所の人たちが外へ出てザワザワしていたので、何かあったのかと思いぼくも出てみたら「うちのテレビやられちゃったよ」とか「ステレオが完全にイカレた」とか言ってる人たちばっかり。

ぼくの家は大丈夫のはずだと思ったが、急いで家に戻って一つ一つ電化製品を調べてみると、洗濯機がうんともすんとも言わなくなってた事に気づいた(^^;; 落雷の瞬間に電気が逆流してやられちゃったのかな。

結局その後、電力会社にクレームして修理代は弁償してもらったけど、その間は洗濯機がないと困るので新しいのを購入した。

それ以来こうゆうサンダーストームが来ると真っ先にコンセントを全部抜くようにしている。

落雷の衝撃から電化製品を守るコンセントを一応使ってるけど、どこまで通用するのか分からないのでそれもちゃんと抜くことにしている。

キーワードで検索