【カラーラマーケット】Mad Waxのウッドプレートを作ってもらった





完全手作りのオリジナル


ひょんなところで知り合った方から、めちゃくちゃかっこいいサインプレートを作ってもらった。

綺麗に磨かれたウッドボードに、丁寧な彫刻でEco Surf Grip Mad Wax。

ぼくが作っているサーフワックスのブランドロゴ。

なんかまるでさ、ショップの看板みたいなんだよね。

そうゆうつもりじゃなかったんだけど、看板みたいなのができあがると今度はショップが欲しくなるね。

そしたらそこでサーフワックスを売れば楽しいだろうな。

なんてゆう妄想に浸ることができた、この看板。

めちゃくちゃカッコいいよほんと。





Berrili Engravingsのユキさん


【繋がり】日本の包丁ショップのOsamuさん



たまたま行ったカラーラマーケットでぶらぶらしてる時に見つけた、サインボードのショップ。

なんとなく気に入ってから、そして別のショップをプラプラしてる時に偶然知り合いに会った。

元々はこのブログを通して知り会った方だ。

今ではサーフィン友達で、SNSをフォローし合ってて、ここまで書いたらもういいか。






その方の名前はオサムさんなんだけど、日本の包丁ショップをオープンされていて、そこでお互い、「あぁあなたここで」ってゆう偶然の再会みたいになったわけ。

オサムさんに、「サインショップが気に入ってさぁ」なんて話してたら、あそこのユキさんは知り合いだよって。

ユキさんってゆうんだ、あのショップで店番してた日本人っぽくないおねぇさんは。

「オサムって言えば分かるよ」とオサムさんが言ってくれたので、じゃあありがとうと伝えまたそのショップに戻った。

「オサムさんの紹介で来ました!」って言ったら秒殺ですぐに仲良くなれて、その翌週にまたお店に行ったらちゃんとおぼえててもらえたし、「じゃぼくもオーダーしちゃいます! 」ってゆう流れだったんだよね。

知り合いから知り合いで知り合っていくみたいな流れは、ほんと大切にした方がいいよな。

人間関係を大切にするのは当然だけど、もっと嫌らしく言えば、「すぐに利用した方がいい」んだよね。

なんか嫌らしい言い方になってるな。

利用とゆうかまぁ、繋がりを大切にするってことだよね。

とゆうことで紹介させてください。

オサムさんのナイフショップ。日本の包丁を扱ってるお店です。









本職料理人なので目利きは間違いない方です。

オーストラリアで日本の包丁はなかなか手に入らないので、今このチャンスにここでどうぞ。








今回お世話になったサインショップ。

https://www.berriliengravings.com/







ユキさんのパートナーのダミアンさんは、10年以上前からここでビジネスをされているとのこと。

サインボードだけでなく、まな板やテーブル、包丁置きなどなんで作れるそうです。

ぼくも次のオーダーをすでに考え中なので、来週にでも行こうかと思っている。






0 件のコメント :

コメントを投稿