【サーファーあるある】混雑していたビーチブレイクで「オイオイ!」と若者に言われてムカついた件。







テイクオフする時は黙っててほしい



今朝はノースバーレーしか波が無かったので、結構混んでいた。

普段はスナッパーロックスで入っている、Awesome surfのタカさんも来てたので、まぁよほど他のところがダメだったんだろう。

ぼくもバーレーポイント狙いだったのだが、あまりにも小波過ぎてノースに行ったのだった。

その混雑してるビーチブレイクで、「オイオイ!」と言われてムカついたってゆう話。

「オイオイ!」って言われると、なんだか挑発されてるように聞こえるのはぼくだけじゃないはず。

それはぼくの近くで同じセットの波を狙いに行ってた、ある若者が発した掛け声だったんだ。



基本的に、海の中では空気を読むタイプのぼくなんだけど、はたから見るとガツガツしてるように見えるのかもしれない。

本人としては周りの様子を伺いつつ、乗るべき波に一生懸命パドリングして乗っているだけなんだけどね。

で、「オイオイ!」言われた時の状況。

アウトから結構大きめのセットが入ってきたんだ。

レギュラーに割れるであろう、カタアタマくらいのサイズの波だったかな。

その時ぼくは、ショルダー側にいたんだ。

オイオイ言ってきた若者はピーク側。

そしてうねりはまだまだ沖の方に離れていて、ピークももっと先だった。

完全にショルダーから狙うならこの辺で待ってても良かったんだけど、混雑してるし奥から乗ったほうがチューブ狙えるしってことで、ぼくは全速力のパドルで奥へ奥へと向かったんだ。

オイオイの彼もそのセットを狙ってパドリングしていたんだけど、なんせノロかった。

やる気ないんじゃないのかおい!ってくらい遅くて、波を追いかけてるんじゃなくて、波が来てくれるのを待ってたって感じだったんだよ。

「いやいやこの波速いからもっと追いかけなきゃ」ってぼくは思いつつ、そいつをインサイドから追い抜かして、そのセットの波にテイクオフしたんだ。

ぜんぜん競り合ってもなかったんだよ。
ぼくとそいつとの距離は10mくらい開いてたし、アウト側にポジションを取ってたそいつの位置からじゃ、うまくテイクオフできないだろうと思ったんだ。

だからぼくは狙い通りにそのセットに乗った。

そしたらテイクオフして立ち上がるシビアなあの瞬間に、「オイオイ!」って聞こえたんだ。

え?もっと奥に人いた?と思って振り返ったんだけど誰もおらず。

そしてショルダー辺りにボードに座ってた半笑いの若者が、ぼくに向かって言ってるのが分かったんだ。

ぼくにパドリングで追い抜かされたあいつだった。







人がテイクオフしているあの瞬間に、声を出してくるなんておかしいだろ。

ドロップインしてるわけでもないのに変な声かけてくるなよ、気が散ってワイプアウトしちゃうじゃないか!

って思いながらもぼくは波にはしっかりと乗って、クローズアウトするセクションまで乗ってはいけたんだけど、正直ムカついちゃってさ。

たしかにルール的にはスネークインになっちゃうんだけど、だからルール的にはぼくが悪いことになっちゃうんだけど、それにしても若者にそうやって妨害気味に声を出されたことにほんとムカついちゃったんだよね

パドルが遅くて波を取れなかったらしょうがないんだって。

ましてやブレイクの速いビーチブレイクだったんだから。

それがポイントブレイクだったらもう少し譲ったかもしれないんだけど。

あと負け惜しみか波を取られた腹いせかそのどっちかなんだろうけど、人が波に乗っていくところで不必要に変な声を出しちゃだめだ。

テイクオフからファーストセクションまではシビアな瞬間なんだから。

集中したいんだよこっちは。

声をかけられたらプルアウトに向かう態勢に入るとゆう変な習慣が身についてんだよこっちは。

まぁハッキリ言って、「調子乗るなよ若者よ」といいたいのである。

また波はちゃんと譲るからさ、取られた波は自分が乗るべき波じゃなかったってことなんだから、他の人が乗っていったら「よっしゃー最後まで乗るんだぞー!」って応援する気持ちを持つべきなんだよ。

ほんとにもう一度言うけど、「調子に乗って人のライディング中に変な声出さないでくれる?うっとうしいよほんと」

まぁあれだな。

見知らぬ若者にそんなこと言わせてるぼくのオーラとゆうか、雰囲気もきっとそんなもんってことなのかもしれないな。

もうちょっと頑張ろっと。







0 件のコメント :

コメントを投稿