【ゴールドコーストにある水曜日のサーフィンライフ】サーフィンは無し。






1歳の息子をビーチに下ろした


サーフィンライフらしいことって、今日は何をやったんだろう。

寝起きからのウェブカメラで波チェック。

グリーンマウントを見れば、ゴールドコースト全体の様子はだいたい分かる。

予想通り波はフラットで、朝焼けがめちゃくちゃ綺麗だとゆうのが分かった。

波が無いのが確定した時点で、サーファーの出番は終了である。










さてどうしようかな。
ビーチにでもいってウォーキングがなんか、とりあえずサーフィンライフらしいことしなきゃななんて思ってるところで、子供たちが騒ぎ始めた。

「学校行きたくなーい」
「キンディー行きたくなーい」

こうゆうことを言い出した時ってのは、アテンションを求めてるってのを、父親歴7年経ってやっと分かってきた。

波は無いんだし、海に行くのはやめにして、子供たちの相手をしなきゃならない。

諦めるじゃなくて切り替える。

これもサーフィンライフの一部。

自分の思う通りに「こと」が進むわけじゃない。

その時の流れに合わせるのが、大切なんだ。






子供たちを学校やキンディに送ってから、やっぱり海に行きたくなったので、カノアと一緒にビーチへ。

カノアは一歳になったばかりだ。

そろそろビーチデビューもいいだろう。

とゆうのも、子供って小さいうちは砂を食べちゃうんだよね。

だからカノアは生まれてからこれまで、ほとんどビーチに来たことがなかったんだけど、たぶんもうそろそろ大丈夫だろう。




息子にサーフィン教えるんですか? ってよく聞かれるんだけど。

その前に長女もやりたがってるんだよね。
だから2人同時だな、始めるとしたら。

時期はもう少し後。

次の夏かもしれないし、どの次まで待つかもしれない。

焦らずゆっくりと。

波はきっとくるんだから、そのタイミングが来た時に始めればいいかなって思っている。

明日はサーフィンできますように。















0 件のコメント :

コメントを投稿