【ビギナーサーファー】サーフィンレッスン。波に乗る楽しさにハマるまで。




サーフィンに一人で行くって、それちょっと無理でしょ? 


サーフィンをやってみたいんだけど、一緒に行く人がいない。

そうゆう人って、どうやってサーフィンを始めるのがいいんだろうか?

ぼくが思うに一番いいのは、どこでもいいからとりあえずサーフショップに行ってみて、そこの店員さんが(だいたいショップライダーだったりするのですごく上手い)連れてってくれたりするし、ショップ主催でサーフスクールをやってたりするから、それに参加させてもらうのが一番いいと思う。

だからぜひとも、このゴールドコーストでサーフィンを始めたいって人は、ぼくが紹介するサーフショップやスクールに行ってみてください。


レトリック https://rhetoricstore.com/
オーサム  https://awsmsurf.net/
グルーブ  http://groove-surf.com/
サーフサトー  https://surfsato.net/
サンシャインステートサーフィンスクール
http://www.sunshinestatesurfingschool.com/









さて今日のブログは、サーフレッスンのこと。

ぼくは現在、友人の大切なお子さんをお預かりして、週に一度サーフィンを教えているんだ。

ぼくの生徒さん、彼女はスノーボードの街で生まれ育ったとゆうこともあって、横乗りのバランス感覚にはかなり優れている。

でもサーフィンって難しいんだよね。

予想できない動きをする波に対して、ボードコントロールのためのバランス感覚を発揮しなきゃならないから。

ビギナーサーファーを海に放り込んで、「ほら波に乗ってこい!」ってやっても、誰もサーフィンできるようにならないよ。

ってかそんなことすれば、サーフィンの楽しさを知る前に辞めちゃうよな。

とゆうことで今の時点では、「手取り足取り丁寧に指導」とゆう形でやってみている。

ちなみにぼくがビギナーサーファーを指導する時は、「一人でもサーフィンに行けるようになるように」とゆうレベルまで行くようにしてあげている。

さてさて、ぼくがやってるサーフィンレッスン内容は、以下の通りである。

  • 海の観察、状況説明(ここで彼女からはどう見えているのかを聞いてみる)をする。 
  • 注意事項と今日のレッスンでの目標。 
  • ウォームアップとスタンスのチェック。 
  • パドルアウト(ここでぼくはボードを持たずに一緒に入っていく)波待ちしながらバランスの取り方などを教える。 
  • 波が来たらボードを押してあげて、波に乗らせる。(ここはひたすら繰り返す))


今はまだ、パドリングのことはほとんど教えていないんだ。

サーフィンは、90%以上の時間をパドリングに費やさなきゃならないくらい重要な事ではあるんだけど、それよりも先に「波に乗ることの楽しさ」を覚えてもらうのがいいと考えてるからだ。

波に乗る楽しさを覚えれば、そこからハマって、パドリングの辛さ(笑)にもしっかりと向き合ってくれるはずだから。

今はあれだね。 流れの少ない浅瀬で楽な感じで何度も波に乗って、その快感にハマってくれるのを待ってる感じ。

まぁパドリングや、ゲッティングアウトの仕方なんかは、段階を追って教えていくつもりだよ。

最終的には、彼女が一人でサーフィンに行っても大丈夫、なようになってもらおうと思っている。

まずはサーフィンの楽しい部分だけを教えています。








0 件のコメント :

コメントを投稿