ぼくの娘3歳はサーフィンデビューした日そのまま波に乗って行った


サーファーがゆえによく聞かれるのが、「お子さんにもサーフィン教えるのですか?」とゆう質問だが、「いやいや教える気ないし、本人がやりたいなら勝手にやるんじゃない?」と答えている。

だってサーフィンってそんなに簡単じゃないでしょ? 自分がサーフィンするのと、自分の子供にサーフィンを教えるのは全然違う事だからね。

海には危険が多いし、自分の子供が一人で沖に向かってパドルアウトするのを想像しただけでヒヤヒヤして落ち着かないよね。


今日は仕事がオフだし天気が良かったので、ビーチチェアとパラソルを持って家族みんなでビーチへ。

今朝から波がずっと良かったので、ぼくは引き続きサーフィンする気でいた。

その時にちょっと気まぐれで、娘のリオに「サーフィンしてみる?」と聞いたら即答で、「うん♪やる~♬」と返って来た。しかもめちゃくちゃ嬉しそうに。。。

こりゃまずいと思ったのだが、言い出したのはぼくだし、もう後には引けなくなってしまったのだ。。。。





何からどうやって教えたらいいのか分からなかったんだけど、ボードの上に立ったら手を広げてバランスを取る事だけを教えることにした。

だってそれ以上は何をどう教えたらいいのか分からないよ。











今朝のマーメイドビーチは2ftからセットで3ftもある、そこそこなコンディション。

もちろんリオとぼくは、ショアブレイクがインサイドに入って来るサワサワしたところでやることになった。

最初はビビるだろうなぁと思ってたんだけど意外と平気で、ボードの上に腹ばいにさせてそのまま腰の深さまで入って行った。

さすがにドルフィンスルーをさせる訳に行かないのでセットが入って来た時には「しっかりつかまって~~」と叫んで波の向こう側に放り投げてかわした(笑)


そして次にやって来た波に合わせて、タイミング良くボードを押してあげると、そのままスーっとスピードを上げた!

この記念すべきファーストライドは、ひっくり返ることなくインサイドまで行けたのだ!

リオはそれがめちゃくちゃ楽しかったみたいで、同じ要領で何回も波に乗り、ワイプアウトするまで何度も何度も波に乗ったのだ。



こんな感じでリオが楽しいならまたやってあげようかなって思うし、将来的にはやっぱサーフィンを教える時が来るかもしれないとゆう予感がしてきた。



先にサーフィンを教える気はないと言っていたくせに、娘が楽しんでくれたのが嬉しくてまた一緒にこうやって遊んでもいいかなって思ったりもした。

でもまぁ本格的に始めるのはまだ先かな。だって海はそんなに甘くないもんね。





【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!