【バーレーはぼくのホーム】Its pumping! @Burleigh point







5時半に家を出た。明るくなり始めてたけど、まだ太陽は昇ってない。夏が終わって日が短くなって来たけど、気温は朝でも25℃くらいあって秋がやってくる気がしない3月中旬である。

シーズン中はとても混雑してて、車一台停めるのも苦労するほどだったのに、みんなもうどこかに帰ってしまったようだ。
駐車場にはたくさん空きがあった。秋はまだ先だけど、空きがあってよかった。





今日の波は、3-4ftのクリーンで乗りやすい波だった。ぼくが入った朝一はストレートな波が多くて、オーバーヘッドのセットに乗るとすぐに目の前にリップが叩きつけてくるとゆうちょっと怖い感じだったが、ロータイドになると波がまとまってチュービーなコンディションとなった。

ぼくも2本チューブインでき、抜けることは出来なかったが深いバレルの中でリラックスしてその空間を楽しめたので、今までにない快感に酔いしれた。




2時間ほど楽しむと、オフショアだった風がスウィングしてオンショアに変わり始めたので上がることにした。

今日は身体とボードのリズムがバーレーの波にぴったり合っていた。


ブレッキーはホットサンド!奥さんに感謝!


いつもと何が違うのかと言えば、リラックスして楽しめたことかな。普段はなんだかんだと波が上がれば、色々考えすぎてカチコチになってるからね。

サーフィンにとって一番重要な、リズムとタイミングがぴったりだった今朝のサーフィンであった。


0 件のコメント :

コメントを投稿