【チューブライド】Evoで抜けれたビーチのバレル

FirewireサーフボードのEvoが調子いい






今日のブログは大した話ではない、ただ朝のサーフィンでチューブライドを3度経験したとゆうことを書きたいだけなのだ。

5時30分に目が覚めたが、外はまだ暗かった。風は吹いてなかった。ヒンヤリしていた空気が秋の気配を感じさせた。



同じく早起きしてきたリオと一緒に波チェックに行ったが、「ちょっとさむいね」とリオが言っていたので、やはり夏は次の10月まで飛んで行ってしまったようだ。



グラッシーなコンディションの中、すでにローカルボーイズがパドルアウトしていてイエローゴールドに輝く東の空のほうからやってくる、ぼってりとした厚いうねりを追いかける様子が見えた。波はかなりいい感じだ。



ぼくもアウトに出てみると波の大きさにちょっとびっくりした。セットはボトムから見上げると軽くオーバーヘッドで、ものすごい水の塊が綺麗なフェイスを作り上げていた。

お気に入りボードのEvoはかなり調子よく走ってくれて、今までに見たことがない領域まで連れて行ってくれた。


ボトムから巻き上げてくるほど激しいテイクオフでも、しっかりホールドしてくれてそのままチューブイン。

すぐに開けてしまったのでほんの数秒ほどのBarrelだったが、安定感抜群だった。

その後に掴んだセットでもミドルに入ってすぐにチューブになり、スッと抜けると波がどんどん速くなってまたチューブになって、ボードが全くぶれることなくしっかりとホールド、自分でしっかりコントロールして抜け出すことが出来た。

たぶん今までで一番キレイにメイク出来たチューブライドだと思う。

Bells proは今朝の時点でHoldになっていた。ぼくもOFFの最中なのできょうはこれから南へ行ってみようと思う。またいい波に乗れるといいな。




0 件のコメント :

コメントを投稿