オーストラリアで最初のビール ジョンボストン ~ゴールデンエール~





ジョンボストン!これがオーストラリアで最初にできたビール工場で造られてる「ゴールデンエール」なのだ。

1796年からビール造りをしていているJOHN BOSTONが始まったのは今から220年前のことだ。ふーん長いなぁって思ったけど日本だったら江戸時代。そんな老舗のおビールを手に入れてしまってちょっと感激。

しかしオーストラリアって確か200年ちょっとくらいしか歴史がないはず。国を作って早々と(実際は奪っている)ビールを始めるなんて、やはりオージーは生粋のビール好きだね。

その頃はまだオーストラリアには、原住民のアボリジニがたくさんいたはずだから、彼らのルーツなのかと思いきや、JOHN BOSTONはイングランドからの移民である。




飲んだ感想の方はとゆうと普通に美味しくて、飲みやすい。まろやかで濃厚なんだけど、後味すっきりで食事前からごくごくいけるやつ。しかしクセがない分、3本、4本と飲んでると物足りなくなってくるかな。

決して薄いビールではないんで、まろやかな飲み口が好きな人にお勧めのビール。

本当に220年も前からやってるの?なんて思っちゃうけど、まぁ美味しいからアリかな。

0 件のコメント :

コメントを投稿