【サーフィンレポ】ドイツのイケメンサーファーらとセッション! 



サーフィンで一日が始まれば、夜までずっとハッピーでいられる。そんな生活があるゴールドコースト。今週の仕事はディナーなので、朝は時間があって海に行く事ができるようになった。

ゴールドコーストに立ち寄るからと声を掛けてもらったんだけど、昨日会えなかったドミニックとマーヴィンに今朝は会えた。

ここに来るまでノースクィーンズランドを旅してた彼らなのだが、どこか途中で古いランクルを一台乗り潰して、また違うランクルを手に入れていた。


ゴールドコーストには山ほどランクルが走ってるけど、みんなピカピカでワイルド感がないのだ。こうやって旅してるランクルはタフさがあってかっこいい。自分も将来キャラバンカーで豪州ラウンドするときは、やっぱランクルがいいよなぁって思った。

波の方は昨日よりサイズアップしていて数が多い。しかし悲しい事にオンショアがビルドアップしてきてしまい、あっとゆう間にチョッピーになってしまった。



しかし今日は娘がキンディーに行く日なので、早く帰って車を奥さんに返さなきゃいけなかったのだ。

だから実質海に入ってたのは40分位かな。これだから海から離れて住むと困るのだ。




まぁいつか、いつかまたビーチのそばで暮らそうかな。ほんの少しのセッションだったけどドミニックとマーヴィンと波をシェアできてよかった。楽しかった。

次はフランス辺りでセッションだな。

0 件のコメント :

コメントを投稿