【生活トラブル】大雨の中スクーターが止まったので、そのまま押しながら1時間半歩いたこと。



最期の姿




エンジンが壊れたので廃車決定


ゴールドコーストに住んでからよくあるトラブルが、車やバイクが突然止まるってやつで、これまで何度も経験してきたのでもう慣れっこだ。

ワーホリの時はM1(高速道路)を120キロで爆走中に、タイヤがバーストして死にかけたことあるし、サーファーズパラダイスのど真ん中でエンジンが爆発したこともあったし、よくあることなんだよ、こんなのは。

まぁ何でこんなことになってしまうのかって、一つは自分のマシンへに対する愛情が薄いのと、もう一つは最初からめっちゃくちゃ中古車に乗ってるからである。

今回ぼくがトラブルに合ったのは、通勤用のバイク、HONDAのLEAD150が突然止まってしまったとゆうもの。

後続車がいたので、危うく衝突させられそうになったのだが、なんとか免れ今も生きている。




土砂降りの夜



大雨の中歩いた夜


週末の夜、仕事帰りだったんだよ。

豪雨の中を比較的ゆっくり走ってたのだが、視界はめちゃくちゃ悪かったんだ。

サーファーズパラダイスの街を通り過ぎようとしてた頃、ぼくのバイクは突然のエンジン停止に見舞われた。

あわてて路肩に寄ったのだが、ぼく行動が予期せぬ動きだったのか、もしくはよほど腹立たしかったのか、でっかいバンのタクシーがこれでもかとクラクションを鳴らしてきて、ぼくの悲惨な状況に追い打ちをかけてきた。

まぁ運転手はどうせインド人だし、どうでもいいよみたいな態度で手で追い払ってやった。

問題はそこからだった。

もううんともすんとも言わなくなったバイク。

空からはどっしゃ振りの雨。

ぼくの身体はパンツの中までビショビショ。

その状況を打破するには、バイクを押しながら歩いて帰るしかなかった。

タクシーやUberに乗ろうかとも思ったのだが、全身ビショビショの奴を乗せてくれるほどやさしくはないはず。

トラムやバスに乗ろうと思ったのだが、とにかく身体が冷え始めてて寒かったので、エアコンガンガンのトラムに乗る気がしなかったのだ。

そう、雨に打たれて全身びしょぬれで寒くて、立ち止まれなかったのだ。

バイクを押しながら歩き続けて、身体を冷やさないようにするので必死だったのだ。

一応奥さんに電話もかけてみたんだけど、応答なしだった。

まぁしょうがない。

だってうちには生後8ヵ月の赤ちゃんがいて、スマホの音なんか出してられない状況なんだから、ぼくの電話に気づくはずがないんだ。

それでも何度も電話をかけてトライしていたんだけど、雨があまりにもひどすぎて、ぼくのスマホは手の中で水没しそうになっていた(笑)

ほんともう、立ち止まったり迷ったりする時間は一切なく、死なないためには先へ進むしかなかったのだ。





サーファーズパラダイスからマーメイドビーチ。


車だったらほんの10分程度の距離なんだけど、普通の人はこんなに歩かないだろう。

しかも大雨の中を、動かないスクーターを押しながら。

何やってんだろって、自分で自分を笑ったりする瞬間もあったんだけど、こういった予期せぬトラブルがあるのは、いかにも海外で暮らしてるって感じがして楽しんじゃえと思い直した。

車やバイクが壊れるなんてことは今までいくらでもあったし、もっとつらい状況を耐え抜かなければならないことはいくらでもあったんだ。

そしてその度に乗り越えてここまでやって来てるんだから、大丈夫だ。

こんなのはトラブルでも何でもない。

歩けば家に帰れるんだから。

ってなことを考えながら、1時間30分ひたすら歩いて家に帰った。

しかしまぁ考えてみれば、ゴールドコーストに住んで17年も経ち、年齢も39歳とゆう中堅クラスでありながら、中古で買ったスクーターが壊れて大雨の中をひたすら歩いて家に帰らなければならないなんて、ちょっとあれだよな(笑)

もうちょっとエレガントに生きていけないのかななんて、今さらながら自問自答しているのである。


中古から2年1ヵ月、毎日職場に運んでくれました。




原因はオイル空っぽ。。。。


さてエンジンの止まってしまったスクーターは、無事家まで押して帰り、週が明けてからバイク屋さんまで押していった(さらに30分かかった)。

そこで見てもらい無事に修理と思いきや、エンジンが壊れてしまっていたとゆう、ご臨終とゆう診断であった。

廃車決定。

原因はオイルが入ってなかったとゆう。。。

基本的なメンテナンスを怠ったのが原因なのだが、いつまでたってもマシンへの愛情が湧いてこない自分に、情けなくなってきたよ。

さてこれからどうやって仕事に行きましょうか?

バイクなら20分で行けたところ、バスとトラムを使ったら1時間かかる。

こりゃやっちまったなぁ。

でもこういったトラブルや不便さをじっくり楽しむのも、海外生活の醍醐味なんじゃないかなって思う。

それに生活のすべてがスムーズで便利になれば、自分の中のサバイバル能力みたいなものが衰えてくるだろうしね。

とにかくまぁ今日から、バイクなしの生活が始まったのである。

2年ちょい頑張ってくれたぼくの愛車、天国ではいいオーナーと出会ってね。

今までどうもありがとう。


廃車手続き完了





【買った時のこと】

通勤用に原チャリ購入。中古なのに1500ドル。それにレジも思ったより高かったぞ!
https://www.spirit-kooks.com/2017/02/scooter-secondhand-1500.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014




0 件のコメント :

コメントを投稿