【波乗りブログ】70日間毎日サーフィン続けていると、焦りを感じなくなった。






波に乗ってる


おかげさまで、毎日サーフィンさせてもらってるんだけど。

なんと3月30日の時点で、70日間連続記録を達成したのだ。

本当にありがたい事である。

まいにち仕事に行きながら、子供3人を抱えた子忙しい家族のケアもしながら、よくも自分の好きなことを毎日欠かさず70日間も続けてこれたもんだ。

全ては家族のおかげであり、こうしてブログを読んでくれてるみなさんのおかげである。

ありがとうございまっす!






毎日やってるサーフィン


毎日とゆう言葉って、あいまいだなって思う。

週5日の仕事でも「毎日働いてる」と言えるし、3日続いたらしばらく休んじゃう英語の勉強でも、「一応毎日やってるよ」ってなふうに使える言葉だもんね。

ぼくは「毎日」サーフィンをやっているんだけど、70日間毎日欠かさずサーフィンしているとゆうのが「本当の毎日」であって、週5日の仕事は「毎日のように働いている」だし、「英語は気が向いたときにサラッと勉強してるかな」っとゆう、厳密には毎日ではないんだよね。

こういったことを感じるようになってからは、「毎日」とゆう言葉を慎重に使うようになってしまったんだけど、それはなぜか?

だってぼくは「毎日サーフィンしているから」。

毎日欠かさず海に行って波に乗って、そんな毎日をもう70日間も過ごしてるんだよね。

自分の中で強く確信したんだよ。これが毎日サーフィンするってことなんだってね。



この辺りまでくるといろんな気づきがあったり、身体や心の変化があったりする。

今ぼくが一番大きく感じているのは、「焦らなくなったこと」。



Photo by Scott


飢えと焦り


ぼくはサーフィンに対して、いつも飢えていたんだよね。

ほんとにいっつも渇いてて、心底腹ペコで、とにかく海に行きたくて、波に乗りたくて仕方がなかったんだ。

いまでも欲求レベルで見たら全然変わってないんだけど、「焦らなくなった」ってゆう変化が、自分の中で大きな意味を感じてるんだよね。

「明日の朝はあまり時間がなさそうだ」
「波がなくなる予報が出てる」
「体調を崩した」
「断れない予定が入った」

こんな感じの状況がやってくると、ぼくは焦っていた。




どうしてもサーフィンしたいのに、なんで時間がないんだ!
めちゃくちゃいい波が割れてるのに、仕事になんて行きたくないよ!
誰かがどこかでいい波当てたと聞けばすぐにそこへ行きたいし、サーフィンのDVDを見た後は無性に海へ行きたくなる。


ちょっとビョーキだったのかなって思う(笑)

でも今は全くそうゆうのがないんだよね。







Photo by Scott




満足する心がもっと波を引き寄せる

毎日サーフィンしているから、それが当たり前にやってくる生活の一部になったから、「サーフィンは毎日できる」ってのが当たり前になったんだよね。

ほんの15分間だけでも波には乗れるし、それだけでその日は大満足。

サイクロンがやって来て、突然The Dayみたいになっても、パドルアウトする準備はできている。

デカ波に対しても、「いつでも来い!」って感じで。

心が満たされたゆうのは、こうゆうことなのかな。

足りないって思う時って、「もっと欲しい!」ってゆう感情でいっぱいになるもんね。

欲しいと思えば思うほど、手に入れたいものは遠ざかっていくのが、この世の摂理。

毎日海に入って、1本でも波に乗ったら満足するのが最近のぼく。

その気持ちだけでサーフィンへの焦る気持ちが無くなったから、結果的にもっと波に乗れるようになった。






「もっとサーフィンしたい!」

から

「いっつも波に乗ってるよ」

に変わると、焦りがなくなった。

たった70日間続けただけで、ここまできた。

焦らない気持ちが満足に繋がり、波に乗るための時間と波動を引き寄せた。

明日も必ず波に乗れるはず。

こんなサーフィンライフがずっと続きますように。













【ぼくが影響を受けている本やDVD】







0 件のコメント :

コメントを投稿