【サーフィン ゴールドコースト】第22回レトリックカップへの参戦と結果



レトリックカップ開催


サーフィン大会


2019年3月25日、第22回レトリックカップが開催された。

場所はいつも通りブロードビーチのプラッテンパーク。少し前までは「アニマルパーク」と呼んでいた場所なのに、もう誰も使ってないんだよねこの名前。

とゆうことでここを「アニパー」って呼ぶのは、これで最後にしようかと思う。








レトリックカップとは?


さてレトリックカップ。

以前はNev cupでやってたのだが、シンさんがレトリックサーフをオープンさせた年から名前が変更になったとゆう歴史がある。

そのネブカップから数えて今年で22年か、22回目か。

実はその辺のところが確かじゃないのだが、ぼくがゴールドコーストに来るずっと前からやってるってのは確かだ。

レトリックカップは、現地在住の日系人サーファーのコミュニティの為のサーフィン大会でありながら、この日のために日本からやってくるキッズサーファーたちや、JPSA参戦中のトッププロたちが集まってきたりと、多くの注目を集める大会となっている。





トロフィー





誰が出てるの?


ほんと色んなプロがやってきてるんだけど、過去に林健太プロのチューブライドを目の前で観れた時はテンション上がったね。

今年は大村奈央プロを見かけてぶったまげたね(笑)だってテレビにめちゃくちゃ登場してる有名人じゃん!ってね。

あとはカリフォルニアのKei Kobayashiが来てたり、ライディングで目立ってたのは塚本勇太プロだったりで、ほんと豪華な顔ぶれがそろってたんだよね。





ジャッジの方たち






これまでの記録


さてぼく自身もこの大会に参戦し続けて、かれこれ16年も経ってしまった。

こんなに出てりゃ、さぞかしすごい成績を残しているんだろうと思いきや、これが全くダメなんだよね(笑)

長年ずっと1回戦負けの椅子を温め続けている、とゆう状態が続いている。

最高でもクォーターファイナルまでだったかな。

レトリックカップ以外だったら2位まで行ったことあるんだけど、この大会はなんか力みすぎちゃって、結果が残せてないんだよね。






プロアマウィメンズのヒート表





当日の波


さて大会当日の波。

朝一のロータイドの時はヒザモモだったのが、ハイタイドに向けてまとまりだして、サイズアップはコシムネ止まりだったかな。

午後にはオンショアががっつり入ってコンディションもビミョーになったけど、プロたちはすんげーライディングをしてたらしい(途中で帰ったので見てません)












結果


ぼくはオープンクラスで出たんだけど、結果はラウンド2で敗退だった。

ラウンド1は2位で通過して、ラウンド2は3位で負けた。

負けたヒートのスコア表を見せてもらったんだけど、4.7ptとゆういいスコアを出していながら、バックアップポイントで2ptしか出てなくて負けてんだよね。

1本いいライディングができたら、次はポイントの出ない波には乗らないようにして、確実に勝てるライディングをしなきゃだめだな。

本数だけはいっぱい乗ったんだけどね。

ビーチスタートの15分ヒートとゆう短い時間だったのに、8本も乗ってたよ(笑)








プロアマメンズのヒート表






まとめ


レトリックカップは、夏の思い出を作る大切な日の一つとなっているゴールドコースト。

今年もクッソ暑い中やっていただき、感謝感謝である。

日系サーフィンのコミュニティの為にも、これからもずっと続けていってほしい大会だね。

うちも子供たちがもう少し大きくなってきたら、家族みんなで参加しようかなって思っている。

よし!来年こそは勝つぞー!!!







【去年はこんな感じだった】

【サーフィン大会2018】田岡なつみプロに会いまして、ネブハイマンについて、若い子たちは誰だか知らないと言ってた件もあった
https://www.spirit-kooks.com/2018/03/surfing-rehtoriccup-nastumitaoka.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014












【ぼくが何度も観ているサーフDVD】

















0 件のコメント :

コメントを投稿