【サーフィンレポ】D-bahで遅いサンライズの小波サーフィン







今朝のディーバーは2-3ft程度の小波だった。

予報では南うねりが入ってくるとゆうことだったので、かなり期待して夜明け前から乗り込んだのだが、残念ながらグラッシーだけど小波とゆうコンディションだった。

南風とゆうことで空気が肌にさすように冷たく、ぼくは車の運転席で無理やりウェットスーツに着替えた。

太陽が昇る前から海に入っていったんだけど、時刻は6時ちょうどで全然早くもなんともなく、ただサンライズタイムが6時37分と1年で、最も遅い日の出となっている。

逆に日本では一番日が長い日となってるはずだよね、確か。

まぁ太陽が昇る前からビーチに出て行ってたんだけど、そんな早起き野郎はぼくだけでなく、他にも20人ぐらいはいたかな。

ビーチに吹き付ける風が冷たくて寒いもんだから、20人くらいのサーファーたちはみんな、砂の上を駆け足していたのがなんだか笑える光景だった。

でもまぁ海の中に入れば、水温はそんなに冷たくもないので、あったかいとまではいかないけど、寒さはしのげるくらいかなといった感じ。

波はセット間こそ長かったものの、いい感じのサイズで2アクションから4アクション入る波だった。

ぼくもトップターンが綺麗に決まる時もあったりで、まぁ調子はいいかな最近。


明日も波乗りできますように。

0 件のコメント :

コメントを投稿