【ゴールドコースト】ミックファニングが折れたサーフボードを放置してたので、スナッパーロックスに行ったお土産にした時の話。




ミックファニングのチューブライド


久しぶりに夜明け前から大雨が降っていた、クーランガッタ。

明るくなるまで車で待ってたのだが、他のサーファーたちはさっさとパドルアウトしていたね。

もしやと思い暗がりで目を凝らしてみると、白く光るホワイトウォッシュが綺麗に続いてるのが分かった。

波がいいから、雨が降ってて真っ暗でも、みんなパドルアウトするんだな。

ってことでぼくも慌てて着替え、パドルアウトしたのだった。








しばらく来てなかったスナッパーロックス。

インサイドからピークにかけて、めっちゃくちゃ砂が溜まってるね。

スナッパーロックスの「ロックス」も、半分ぐらいは砂で埋まってた。

だから波のブレイクもめっちゃ浅い、ぼくでゆうと胸くらいの深さしかないところで、オーバーヘッドのバレルが炸裂していたのだ。

そのバレルはビハインドザ・ロックからスタートして、リトルマーリーまでの半分くらいの距離のところで終わっていた。

だから「いい波が炸裂!!」って程でもなかった今朝のスーパーバンクなんだけど、ぼくにとっては極上ブレイクでしっかり楽しませてもらったよ。

しかしビハインドザ・ロックと簡単にゆうんだけど、あそこだけはまだ行けないんだよな。

あのロックの裏からダブルアップする波にテイクオフしてチューブを抜けてくるなんて、控えめに言ってもレベルが高すぎるよ。

そんなビハインドから抜けてきてたのは、ミックファニングだった。

ぼくが最初見てた時は誰だかわからなくて、誰かが深いチューブの中から抜けてこようとしてたんだけど、「いやいや、それはポジショニングが深すぎるでしょ。ワイプアウトするんだろうな」ってぼくが思ってたんだ。

そしたらまんまと抜けてきてて、そいつの顔を見たらミックだったってわけ。

まじかー!と思いながら彼の後を追って、ビハインドのピークまでついていこうとしたのだが、なんせミックのパドルはスーパー速いのだ。

全然追いつけなかったね。

しかも流れが強くてパドルがきつかった。。。

まぁスナッパーでは当たり前の状況なんだけどね。












そしてミックの、次のチューブライドも見てたんだけど、今度は思いっきり巻かれてワイプアウトしてた(笑)

さらにサーフボードもぽっきり折れちゃってたね。

そしたらミック、すぐに上がっていっちゃって、姿が見えなくなったんだ。

そんなに慌てて帰らなくてもいいんじゃなくて?なんてぼくは思ったのだが、その5分後あい、気がついたらミックはまた、ビハインドからのチューブを抜けてきていた。

スペアボード持ってきてたんだね。

折れたボードの先はローカル拾い上げて、こんな感じで放置されてた。








ミックって、折れたボードは持って帰らないんだね。

こんなところに置いてたらただのゴミになるんだけどな。

って思ったぼくは、、、、

ボードの先は持ち帰らさせてもらったのだった(笑)


知らない人にとってはただのサーフボードのゴミになるけど、ファンにとってはお宝だよこれ。





直前までミックファニング本人がチューブライドしてた、レアなスクラップサーフボードなのだ。

いいお土産が手に入ったぜ(笑)





さて波が上がってきたゴールドコースト。

明日もいい波乗れるかな。






0 件のコメント :

コメントを投稿