【バーレーポイント】インサイドは砂がたっぷり。コーブからは歩いてゲッティングアウトできるよ。





波乗りがいつもここにある


毎日サーフィンし続けて、かれこれ155日が経った。

120日ぐらいまではカレンダーを見るだけで何日目なのかすぐに分かってたのだが、最近はよく分からなくなってきた。

最初はこだわっていた日数とゆうものが気にならなくなってきて、毎日サーフィンするとゆうのが当たり前の行為となって来てるんだと思う。

それでも今朝みたいに小雨で寒くて、それに波が小さい日なんかは、海に入るのやめておこうかなって思ったりもするんだよね。

こうゆうのって、ほんと自分でも驚くんだよね。

「これだけ毎日続けてきて、自分の中では当たり前のような感覚になってきてるのに、まだ躊躇することもあるんだ」って。

だから継続するってのは、簡単なことじゃないんだなって思う。

毎日コツコツと続けるとこってのは、漠然とした気持ちだけじゃそのうち続かなくなるんだろうな。

今のぼくは、毎日のサーフィンを続けていくことで心と身体が安定しやすいとゆうのがあるので、やっぱりどんな日にでも海に入っていたいなって思っている。

そうすることで、自分を保ててるんだよね。

さて今朝のバーレーポイントはとゆうと、ロータイドと南風のコンビネーションで、うねりっぽいのが入って来てたのだが、そんなにいい波でもなかった。

そしてロータイドといえば流れの強さである。

波が小さいくせにずっとパドリングしてないと後ろにどんどん押されて、ピークから離れてしまっていた。

ぼくも最初の5分は頑張ったのだが、そんなに頑張るほどの波でもなかったので、タイミングよく波に乗りながらインサイドに向かったのだった。

こうやってトレイルを見ると、良く分かる。





波に乗ってプルアウトした先で、また次の波に乗ってってのを繰り返した。

他のサーファーたちはあまり乗れてなかったのでぼくはラッキーだったのだが、こんな乗り方をしてまたピークに戻ったらヒンシュクを買いかねないので、そのまま上がった。

時計を見たら海に入ってた時間は、たったの12分間くらいだった(笑)

せっかく海に入ったんだから10分で上がるなんてもったいないなんて人は言うんだけど、ぼくは毎日海に入ってるし、1日に1本だけでも波に乗れたらハッピーなんだよね。

それだけでまた明日に繋がるんだ。



時期的にはちょっと遅いのかもしれないけど、やっと冬らしくなってきたゴールドコースト。

6月といえばグランドスウェルが入ってくるはずなのに、今年は静かだね。

ちょっとずつ、季節のタイミングがズレてきてるのかもね。

もしかしたら来月には、グランドスウェル入ってくるかな。

ありのままの状況を受け入れて楽しむのがサーフィンなんだけど、こうやって先への期待の気持ちも膨らませておくのも楽しいもんだよね。


明日も波乗りできますように。






0 件のコメント :

コメントを投稿