【ゴールドコースト】バーレーヘッズ在住の野生のコアラに出会った。





コアラ可愛すぎる


「コアラに注意」みたいな道路標示は、このゴールドコーストでたびたび目につくのだが、実際に野生のコアラを見かけることって、ほぼないんだよね。

だからぼくは、そうゆう看板はコアラの存在をアピールするためだけのパフォーマンス的な看板であって、野生のコアラはもうここにはいないと思い込んでいた。

確かにぼくがゴールドコーストにきた17年前は、夜になるとあちこちでワラビーを見かけることがしょっちゅうで、そのたびにオーストラリアのワイルドっぽさを感じていたのだが。

人口が思いっきり増え続けて開発が進み続けているこんな状況では、野生のコアラなんかいる訳がないって思い込んじゃうよね。










道路を横切っていたコアラ



ところがどっこい。

ある晩にぼくは、野生のコアラに遭遇したのだ。

場所はバーレーヘッズナショナルパークの裏側の、「Koala Park」と呼ばれているところだった。

そのあたりをスクーターで走行中だったぼくの目の前を、ゆっくりゆっくりと横切っていったのだ。

コアラ本人は急いでいたのだろうけど、ぽってりと太った身体を持ち上げるように必死で飛び跳ねて、かなりノロノロしていたんだ。

だから危うくスクーターで跳ね飛ばしてしまいそうだったので、急停車したのだった。

そしてコアラに気づいたぼくは一気にテンションが上がり、スマホのカメラをオンにして後を追いかけたのだった。


それがこれ↓




View this post on Instagram

A post shared by Yoichi Kurokawa (@yoichikurokawa) on







急いでスマホカメラを準備したもんだから、ブレるブレる(笑)

でもよくみるとコアラだとゆうのが分かるんだけど、もし分からない人がいるならこちら。



電柱のふもとに注目




あれはたぶん、大人のコアラだね。

ってことは子供がいるかもしれないし、そうだったらもっと他にもコアラはいるはずだ。





コアラパークを守りたいと思うようになった


コアラを見た後にぼくが思ったことは、この地域にある自然を大切にしていきたいと思った。

住宅や周辺施設の開発がものすごい勢いで進んでいるゴールドコーストだから、もういなくなってるだろうコアラのことは気にかけてなかったし、それだったらもう開発のスピードを緩めなくてもいいんじゃないか。

もっともっと便利で快適な世の中になっちゃえ!って思ってたんだけど(完全にワルですね)。

バーレーヘッズにコアラがいるってのを目の当たりにしてから、急に胸がざわざわしだしたんだ。

もっと自然を大切にしなきゃ。

コアラと共存しなきゃ。

って思ったんだ。



そのうちバーレーヘッズの方まで、トラムが繋がる都市計画が出てるんだけど、なんだかあんまり賛成できないなって思うようになってきた。

自然を壊して人間の快適さを求めていくことに、ちょっと疑問だね。

なんとかいい方法を見つけなきゃね。



まぁとにかくコアラを見たんだ、バーレーヘッズで。

コアラ注意の表示を見かけたら、車の速度は落としましょうね。





0 件のコメント :

コメントを投稿