【My サーフィン】ディーバーの波で分かった、トップターンはムネを引き付けると気持ちよく決まるとゆうこと。

うねりが入ってきた


今朝のディーバーはめちゃくちゃ良かった。

サイズは2-3ft。

身体のサイズでゆうと、カタアタマかな。

ボトムは深めでウォールは張ってて、ミドルからインサイドにかけてはボウルになってて、とにかくいい波だった。

風もオフショアだったのを、ちゃんと付け加えておかなくてはならない。

そんな波に当たったのは、まったくの偶然だった。

狙いに行ったわけじゃ無かったんだよね。

たまたま気まぐれで行っただけなんだよね。





もちろん波には期待


波ってさ、狙って行けば外すことが多いし、逆に何も考えないで行ってみると、めちゃくちゃいい波ってゆうパターンが多いんだけど、いったいどうすりゃいいんだろうな。

期待するって気持ちは、望み通りの現実を引き寄せないのか?

しかしだからといって、期待で胸がバクバクしているのに、「波がいいかどうかはそんなに気にならないんだよ」なんて嘘はつけない。

やっぱいつだっていい波に乗りたいし、今日がいい波だったのなら、明日もいい波になって欲しいよねぜったいに。

ぼくはそうゆう時はガツガツしすぎなぐらい、思いっきり期待して狙いに行ってしまうんだよね。

だから明日の波にもしっかりと、期待してるんだけどね(笑)





ムネを引き付けるトップターン


さて今日のサーフィンでぼくが気がついたこと。

それは、「ボトムからトップに駆け上がる時は、ムネを上げて波のリップに合わせていき、そのリップをムネで受けるようにギリギリまで引き寄せてから、ぶぉーんっと身体をひねる」

何言ってんだかわかりにくいのは承知の上で、、自分の感情のまま書いてしまったのだが、これが今朝ぼくが気づいたことなのである。

意識をムネに持っていくといいのかもしれないって、気がついたんだよね。

今までは右手を意識してトップターンをしようとしていたのだが、たぶんムネを意識したほうがいいね。

ギリギリまで波を引き寄せれるから、リップのきわどいところで「バチコーン!!」ってターンできるし、上半身がボードと自分の重心から離れてないから、ボトムに下りて次のアクションに入るためのニュートラルな状態に戻ってるんだよね一瞬で。




そういえばアクション入れた後に元のスタンスに戻るのって、サーフィンではなんてゆうのだろうか?

ボクシングではたしか、「リロード」だったと思うけど。

まぁとにかく、ムネを引き寄せてからのトップアクションは、リップのきわどいところで技が決まって、さらにリロードとぼくが呼んじゃってる元の態勢に戻れるから、たぶんこれを覚えれば波に乗るのがもっと楽になるはず。

自分の思っている通りに、どんな波にでも乗れるようになるはず。



まぁこうゆうのは上級者にいわせれば、「あーでもないこうでもない」と物言いがつくんだろうけど、とにかく今のぼくのレベルではこんなもんなんだよね。

さてさて、明日はあのポイントブレイクを狙いに行ってみようかな。

どうかいい波乗れますように。





0 件のコメント :

コメントを投稿