【バーレーポイント】チョッピーで荒れてるとこにパドルアウトする気恥ずかしさ






朝起きてから最初に気になるのが、「波が上がってるかどうか」

これに合わせて生きていけるかどうかで、サーファーとしての質が変わってくるとぼくは思っている。

 「昨日の夜から南東の風が思いっきり吹いてきてたから、波上がってるだろう」

じゃあ海に行ってみようか!って時計を見たら9時前だった。

寝坊しちゃったんだよね。




今日は11時から仕事だってのはその時思い出して、仕事が優先かサーフィンを取るのかって言えば、やっぱりサーフィンな訳で。

その理由は、サーフィンをして気分を上げて、肉体的にも精神的にもアゲアゲの状態でいることが良い結果を生むことになるからだ。

よしじゃあサーフィンしちゃおう!ってことだったんだけど、時間が押してるのはやっぱ気になるのでって事で向かったのは、家の前のビーチ。











そこでサクッと波に乗ってスッキリしちゃおうと思ったのだが、オンショアが強すぎてカイトサーフィンオンリーとなっていた。 ってことはバーレーに行かなきゃならないのか。

 全然いいんだけど、時間が押してるってのもあって海に入っても焦るんじゃないかと思ってちょっと悩んだんだよね。

「でもまぁ仕事は遅刻していけばいいから、楽しんじゃおう」とゆう気持ちの切り替えをしてバーレーに向かったのだった。

しかしここでもチョッピーなことには変わりなく、入ってるサーファーも3人ほどで、その時に上がってきたサーファーたちは、「俺らが入った頃は良かったよ」などと言うもんだから悔しくてさ(笑)

心の中では、「アッチャー遅れをとってしまったか」とゆうやられた気分ではあったが、表向きは平然とした顔でエントリーポイントへ走っていったのだ。

こうゆう時は、「オンショアでも乗れるサーファーですが何か?」みたいな顔してた方がいいに決まってるよね。






海に入ってるサーファーの数は少なかったけど、ギャラリーは多かった。

いつものことなんだけど、海を眺めにきてる人や波チェックしてる人がめっちゃ多いんだよね、バーレーヘッズの丘の上って。

そんな多くのギャラリーを突っ切りエントリーしていくのは、結構ドキドキするんだよね。


今朝みたいな日だと、「え?このコンディションでパドルアウト?」って思われるだろうから、やっぱり波にはしっかりと乗らなくちゃならないじゃない?

見てる人たちから、「あぁやっぱりな」なんて思われたらシャクだからね。






アウトに出てみると、乗れる波はいっぱいあった。

よかったよかったとゆうことで、オンショアに吹き飛ばされないように必死のパドルで波を追いかけまくった結果がこれ。








28分間で4本の波に乗って、走行距離は307メートル。

最高時速は26.2km/hで、これは3本目の波でタルいセクションながらも、2発のトップアクションを入れて乗った波だった。

さすがにオンショアがキツイとパドルバックがハードなので、乗れるがままに波に乗って、ビーチから上がったのだった。

一応スマートにエレガントに、乗るべき波に乗ったので、ギャラリーが見ている中でカッコだけはついたかと思う。(ってか誰も見てなかっただろうけど)

さて明日はどうなるんだ波。

それとぶり返した風邪はまた悪化するのか?

色んなことがあるけど、まぁサーフィンしてりゃ人生楽しいままでいられるでしょ。

明日もいい波乗れますように。








0 件のコメント :

コメントを投稿