【D-bahレポ】波がいいと思って行ったのに、そうでもなかったけど、トップの返しは気持ち良かった。




スウェルマグネットのビーチ



昨日までは良かったそうな。

うわさのD-bahに1日遅れていってみたら、案の定まぁまぁな波だった。

まぁこんなもんよ。

波を追いかけるならもっと真剣に追いかけなきゃね。

最近はなんだろね。

波があったりなかったり。

近所のビーチブレイクはどこも全然割れないからって、あんまり波を追いかけることに集中してないんだよね。

だから今日みたいに遅れていってみたら、やっぱり波はもう無くなりかけてて、アウトで割れる頭くらいのセットもショルダーが持ち上がらずにスープがだらだらと押してくるだけ。

こうゆう波って乗るのは簡単なんだよね。

セットでデカい波でも、テイクオフはイージーってゆう感じ。

でも乗った後が難しいんだよね。

トップアクション決めたくてもリップが切り立たないからどうすればいいか分からず、とりあえずセクション出てくるまで乗ってみるんだけど波はダラダラ。

走りすぎたらカットバックで、波のポケットに戻れたらそこで分厚いスープに向かって当てに行く。

ここでうまくいけばローラーコースターが決まって、勢いついて向こう側に行けるんだけど、今日はうまくいかなかったな。

全部スープの上に乗っかっちゃって、上半身が倒れてそのままずっこける。

とゆうパターンだった。

身体の軸がズレてるから、トップでのアクションですぐ転んじゃうんだよね。

ここら辺は最近やってる「ナントレ」でなんとか修正していこうと思う。

ナントレってのは、ぼくの先輩のナンさんがやってる体幹のパーソナルサーフィントレーニングのことね。

おかげで成長した部分もあって、上半身のヒネリが少しずつできるようになり、今まではボードが引っかかって失速していたパワーのないセクションでも当ててねじ込んでフィニッシュできるようになってきた。

まぁこんなのはベーシックマニューバーなので、ぼくぐらい毎日サーフィンやってる奴なら目を瞑ってても出来なきゃおかしいんだけど、ぼくはここに来てやっと身体のヒネリ方や下半身の使い方を学べるチャンスを得たとゆうわけなのだ。

だからなんとか今。

歳を取って修正が聞かなくなる前に、サーフィンにとっての正しい体の使い方を学びたいと思って、ナントレを受けているのだ。

こうやってちょっとづつでも、自分のサーフィンに変化が感じられるってのは嬉しい事であり、トレーニングを続けるモチベーションになるよね。

今朝はオンショアが入って来てお昼ごろには終了しちゃったD-bah。

今回の南うねりはこれで終わりな感じ。

また明日から小波の日々が続く。

ずっと波乗りを楽しめますように。




0 件のコメント :

コメントを投稿