【サーフィン ドキュメンタリー】Wakita PeakのDVDがオーストラリアまで届いた!








これはたった一つのことに人生を捧げる男の生き方を描いた映画だ


クラウドファンディングで資金集めしてたWakita Peak。

日本では劇場公開が行われてて、その後数ヵ月経ってからDVDが送られてきた。

これはぼくが、2017年9月に支援した時の特典として頂いたんだ。

あれからもう2年も経ってたのか。

ひと時も忘れることなく待ち望んでいたんだよね。

劇場公開は日本各地で何度も行われてたみたいで、「観たよ、よかったよー」とゆう評判を、SNSで流れてくるたびにいいね!を押していただけだったのが、やっとぼくもこの映画を観ることができたよ。



サーフィン映画ってゆうことで、パイプラインの激しい波の映像ばかりかと思いきや、これまじで最高のドキュメンタリー映画だったよ。

ちなみにWakita Peakってゆうのは、パイプラインのピークのポジションから外れた場所のこと。

「Wakitaがそこから乗ってくるスポット」とゆうことで、ローカルからその名がつけられたらしい。



ローカルの人たちの邪魔をしたくないからわざとそこにいるんだ。と本編で言っていた脇田さん。



毎年シーズンにはパイプラインにいるみたいで、パイプラインとの向き合い方、ローカルへのリスペクト、脇田ファミリーのサーフィンライフスタイル、そしてハワイのローカルからはどうゆう風に思われてるのか。

そういったことが、たっぷりとリアルに描かれている。





本編で一番好きなシーン


2012年12月のパイプラインで、脇田さんが経験したハードなワイプアウトのこと。

それを友人宅から実際に見ていたケリースレーターも、「あれはまさにパイプの波と言えるほどの特大のセットだった」と驚いてたほどの波に乗った脇田さん。

しかしスーパーレイトテイクオフでワイプアウトしてしまって、そのまま水面に浮いたまま動けなくなってたそうだ。

その時のことを脇田さんはこう語っていた。

首から下が全然動かなくなっちゃって、とにかく祈るだけでした。助けてくださいって感じで。それをみて周りは「脇田は下半身不随になった」って噂になったほど。

ヘルメットも割れた程の衝撃を食らったらしく、ちなみにパイプラインのボトムはリーフで硬い岩がごつごつしていて、めちゃくちゃ危険なのだ。



今思えばあの波はメイクできましたよ。もしリプレイして自分を今そこに戻してくれるんだったら、メイクします。


ってパイプの波を見ながら、ビーチで語っていた脇田さん。

その表情はすごく穏やかで、でもすごい強い意志を感じたんだよね。

この人はパイプの波しか頭にないんだって。

ぼくは思いっきり鳥肌がたったよ。

普通はひどいワイプアウトしてケガなんてしちゃったのなら、トラウマになって次に行くのが怖くなるんだよね。

自分では怖いと思ってなくても、その時を思い返すと体が勝手にすくんでしまうってのが普通じゃない?

それを微塵も感じることなく平気な顔して「あれはメイクできたんだ」って言ってのけてた脇田さん。

脇田さんってやべーくらいクレイジーなんだよ(笑)

もちろんクレイジーだなんて言葉を使うのは良くないかもしれないけど、心からの尊敬の気持ちがこもっているのは、いちいち言わなくても分かるだろう。

このシーンは、ぼくが一番気に入ったシーンになったんだよね。





なんとDVDの一般発売がアマゾンで!



ほんとまじでWakita PeakのDVDを手に入れてよかったよ。

一生の宝物になった。

そしてこれを観て思ったのが、自分ももっとサーフィンを好きになってもっともっと波乗りに夢中になりたいって思ったね。

心落ち着く海の中で「生きてるってゆう実感」を味わっていきたい。

脇田さんの思いに重ねるようにそう思ったのだった。



このぼくが手に入れたDVDはクラウドファンディングの特典なので、他の人たちは手に入れることができない。

と思いきや!!!

発売されるじゃないか!!!

2019年10月4日発売予定。


ここで予約注文できるぞ!







ちなみにアマゾンにて「発売前のレビュー」を書いたのはぼくが一番最初だ。

これな↓

発売前のレビューを書かせて頂きます。なぜそれが可能なのか?ぼくはこのWakita Peakのクラウドファンディング(2017年9月頃)で支援していたので、一足早めにDVDが手元に届いたのです。パイプラインとゆう世界で最も危険で、最も美しい波にずっと乗り続けている脇田さんの波に対する一途な姿からは、サーファーだけじゃなくても、人間としてのまっすぐに生きる強さとゆうを感じ、そこにあこがれを抱くようになります。今を生きるとゆうのはこうゆうことではないでしょうか。


このレビューが参考になったのでDVDを買ってみようと思ったら、今すぐ買ったほうがいい。






ぼくはこのWakita Peakのクラウドファンディングで支援していた時点で確定していた、「エンドロールにお名前掲載」で、このサーフィンブログSpirit Kooksの名前を載せさせていただいている。

これ気分最高だよほんと。

こんな素晴らしい映画のエンドロールに、ぼくのブログの名前が流れてくるんだから。

ほんとかよ?

って思った人のためにほらこれな。








あったでしょ?



じゃあちょっと観てみようかなって思ったら、今すぐ購入したほうがいいよここで。








ぼくも日本にいる知人で、プレゼントしたい人が何人かいるので、その人たちのために何枚か購入してアマゾンから送ってもらうつもりにしてるよ。















【クラウドファンディングで支援した時の記事】

【支援したけど何か?】ハワイ、サーフィンの聖地に名を刻む日本人サーファー脇田貴之の映画を劇場公開したい
https://www.spirit-kooks.com/2017/09/surfmovie-wakita-peak.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019














0 件のコメント :

コメントを投稿